畳が大好き!奈良県の畳屋といえば南たたみ店ですよ

新調畳・畳の張替え・琉球畳など、畳の事なら1級畳製作技能士のお店、南たたみ店にお任せ下さい!  

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

11月

とあるお寺さんへ新調畳を納品に

11月29日

 

仕上げてお預かりしていた とあるお寺の新調畳と長い床の間の薄縁。

本日、納品させていただきました。

 

工務店様より依頼のお仕事なので、納めた畳の写真は使えないだろう 

と諦めていたのですが、

 

帰り間際 現場監督さんに写真の使用許可を頂けたので

掲載させていただきます。

 

 


特注の稲わら畳床で仕上げた新調畳  足触り抜群です。

 


畳1枚が少し大きくなるだけで 全体の寸法が大きく変わる広間の畳。
 
少し甘めに作れば楽に敷き込み出来るのですが

いつも通り 攻めた寸法で仕上げております。

 


1番見て頂きたかった 長い床の間の薄縁と床の間の前の2枚の長い畳。

今回も寸法バッチリ 綺麗に納まりました。

 


全体はL字型に納まっているローカの畳。

ここも細かな所まで写真を撮っておきたかった・・・。

 

写真を掲載する予定では無かったので 撮った写真はこの4枚。

こんな事なら もう少しいっぱい写真を撮っておけば良かった・・・。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

リュウビン表を使った床の間の畳(薄縁)の制作  

11月27日

 

昨日に下準備をしていた 香芝市のお客様の床の間の薄縁の制作。

本日は仕上げに取り掛かります。

 


使用している畳表は 赤リュビン表の大目。

ミシンで縫えば早く仕上がるのですが、どうしても縫い糸が外から見えてしまうので、

縫い糸を表面に出さないように 手縫いで丁寧に仕上げてゆきます。

 


こちらは裏面になる方です。 
製品になると隠れる部分なので、今は縫い糸が見えていても大丈夫です。

 


こんな感じに まずはゴザを作ります。

 

続いては土台の加工です。

 


土台には元々切り込んでいた 畳表を逢着するための糸道があるのですが、

前に使っているノコギリの刃の厚みが有りすぎるので、

少し薄めのノコギリで細い糸道を作り直します。

 


土台にゴザを張り、糸で縫い締めれば完成です。

 



土台を床の間に納めれば 縫い糸は外から全く見えないので 

スッキリ美しく床の間を引き立てます。

 

この作業をミシン縫いですると、どこかにミシンで縫った糸が見えちゃいます。

早くて簡単に仕上がるのですが、

楽をせず、

このような作業を手を抜かず仕上げるのが職人の仕事なのであります。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

香芝市で畳替え 新調畳15畳と床の間の畳です

11月26日

 

先日より取り掛かっている 

工務店様より依頼の 香芝市のお客様の新調畳15畳と床の間の薄縁。

 

新調畳15畳を本日完成させ、床の間の薄縁の制作に取り掛かりました。

 


こちらが先日に引き上げてきた床の間の薄縁。

 


板張り といって  

スノコのような板に薄縁を縫い付けております。

 


上面は汚れており縁の紋も見えませんでしたが、

側面を見ると元々の縁の紋が見えました。

 


古いござを剥がして 汚れた板を掃除。

 


水気は見せずに タワシでゴシゴシ。

その後 掃除機で綺麗に汚れを吸い取りました。

 


綺麗にした土台に新しく縫い付けるのは 

リュウビン表という特殊で希少な畳表です。

 

青いい草を水洗いと天日干しを繰り返し黄金色にしてから

通常の畳表よりも目の幅を広く織り上げております。

 


今回使うのは、大目のリュウビン表。

一般的な畳表の2目半位の間隔で織り上げられております。

ちなみに小目のリュウビン表もあります。

 

明日はコチラの板張りの薄縁を完成させる予定です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

橿原市へ新調畳15畳の納品でした

11月25日

 

本日は橿原市のお客さまの所へ仕上げていた新調畳を納品に。

 


今回は中国産畳表を使った新調畳です。

 

お部屋は9畳と6畳の計15畳。

お客様に写真の使用許可を頂いたので、綺麗に納まったお部屋の畳をご覧ください。

 


コチラ8畳のお部屋の床の間の脇に1畳 9畳間です。

 




難しい床脇の畳の寸法もバッチリです。

 


6畳間の方も隙間なくキッチリ納まっております。

 


今回の畳は中国産の畳表を使って仕上げた お求めやすい価格帯の畳ですが

そんな事を感じさせない綺麗な仕上がり。

 

どんな材料でも 仕上げる技術には変わりなし。

お客様にも大変喜んで頂き何よりでした。

 

仕事場に戻ってからは 香芝市のお客様の新調畳15畳の製作です。

 


コチラは工務店様より依頼のお仕事なので 詳しい事は書けませんが

工務店様より

「上質な熊本県産畳表を使って お客様に喜んで頂けるように 丁寧に仕上げてもらいたい」 

との事。

 

依頼に応えれるように ただ今 全力で製作中です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

大和高田市と下市町にて新調畳の納品でした

11月23日

 

午前中は大和高田市の現場へ新調畳を納品に。

 


今回は ダイケン健やかおもて 灰桜色を使った新調畳です。

 


今回もピッタリの寸法で綺麗に納まったのですが、

お部屋に納めた畳の写真の使用はNGです。

 

お昼からは 下市町のお客さまの所へ新調畳2畳を納品に。

 

コチラは なぜか最近続いている部分替えの畳です。

今回は8畳の内の2畳のみを新調畳で入れ替えしました。

 

 
白蟻に食べられて端の方だけがボロボロになった古い畳。

今回は修復出来ないほど食べられていたので新調畳に交換です。

 


古い畳はワラの畳床なのですが

今回作った畳はお客様と相談の上、建材の畳床で仕上げました。

少し足触りは固く感じますが、 「あまり使わないお部屋なので良し」 との事でした。

 


畳表は 熊本県産 生産者は田島功一朗さん(QRコードの名前はお父さんの蔵さん)です。

 




畳縁は当店のカタログに無いものでしたが、

当店が加盟する奈良県畳組合の同業仲間に探して頂き、同じ物を分けて頂きました。

 

おかげさまで他の畳との違和感も無くイイ感じに仕上がりました。

 

思っている以上に 採寸が難しい古い畳の部分替えですが

今回も隙間なく綺麗に仕上がり お客様にも喜んで頂けました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

高取町で畳替え カビなどが生えにくく管理のし易い畳です

11月21日

 

本日は高取町のお客さまの所へ 新調畳を納品に。

 


今回は とある施設の休憩室と言う事も有り

カビなどが生えにくく、管理のし易い 

工業製品の畳表(ダイケン健やか表)を使った新調畳を選んで頂けました。

 


大きな柱が有るので、その部分は畳を切り込んで仕上げております。

この部分は機械が掛からないので手作業となり 想像以上に作業時間が必要となります。

 



今回もイイ感じに納品完了。

アーガイル柄のカワイイ畳縁で

お部屋も明るく生まれ変わりました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

畳床だけを交換するお仕事でした

11月20日

 

午前中は香芝市の現場へ新調畳の採寸へ。

 

国産畳表を指定して御注文して下さる 我が地元の素敵な工務店様よりのお仕事です。

今回は3部屋15畳。

これからキッチリと製作させて頂きますね。

 

午後からは 下市町のお客様よりの依頼で

畳床の交換のお仕事でした。

 

数年前に下市町へ引っ越ししてこられたお客様。

その時に畳替えをされた(その時は当店ではありませんでした)そうなのですが、

8畳間のうち2畳のみを新調畳で入れ替えた との事。

その時に入れ替えた2枚の新調畳がブヨブヨになって来たので、

畳床のみを交換してほしいとの事でした。

 


コチラ、その畳。  畳表も畳縁も まだまだ十分綺麗です。
畳床は稲わらの畳床(本床)でした。

 


当時は新調畳で入れ替えた(当時の見積書・請求書も見せて頂いております)そうなのですが

なぜか新調畳なのに新しい糸と古い糸の2本掛かっている(しかも縫い方の違う機械でしあげている)

縁の下には古い縁が見えます。

気になる事がイッパイですが、仕事を続けます。

 


今回は8畳間のうちの2畳のみの交換ですので、

他の畳と違和感が生まれないように、畳表と畳縁は

古い畳の物をそのまま使用いたします。

 

幸いにも 畳表・畳縁ともにキズや虫食いはありません。 

古い畳より丁寧に外して行きます。

 



新しく使用する畳床は ワラの間に断熱材を挟んだ 通称・藁サンド畳床。

ちなみに、今入っている残りの6枚もコチラの藁サンド畳床でした。

 


新しい畳床の上に古い畳表を縫着。

 


畳縁を縫着。 出来るだけ隙間が空かないように

畳表より畳床を大きく裁断しておきます。

 

そんでもって 完成。

 

残念ながら納品後の写真はありませんが、寸法もキレイに納まりました。

気になっていた足触りの違和感も無くなり

お客様にも たいへん喜んで頂けました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町のお客様の新調畳 8畳間のうち2畳の部分替えです

11月19日

 

先日より取り掛かっていた 大和高田市のお客様の新調畳

完成致しました。

 



畳縁は畳表と同じ色合いの無地物を選んで頂けました。

今週末の納品が楽しみです。

 

続いての製作です。

こちらも先日より取り掛かっている 下市町のお客様の新調畳。

今回は8畳間のうち、白蟻に食べられた2畳のみを交換いたします。

 



使用する畳表は 

「今使っている畳と同じ位の品質の物で」

との事。

今付いている畳表が 麻引き表(経糸が麻糸一本の畳表)なので

田島功一朗さんの 【蔵表】 経糸が麻のシングル を使用いたします。
当店にて 今回の様な部分替え用に じっくり寝かせていた 上質な畳表です。

 


昨日に畳表の縫着は済ませていたので

本日は仕上げの段階 畳縁の縫着です。

 

畳縁も同じ物に合わせなければならないのですが、

今回の畳縁は 当店では10数年前に見本帳から外した畳縁でした。

 

当店の畳縁見本(約120種)の中に無い畳縁なので

本来ならば追加料金を頂かないといけないのですが、

奈良県畳組合の仲間に探して頂き 2畳分を分けてもらい無事解決。

お客様に追加料金を頂かないで対応できました。

 


決して青々としておりませんが、熟成された良い艶の畳表です。

コチラも今週末に納品させて頂きますね。

 

続いては 高取町のお客様の新調畳3畳の製作です。


コチラは、某施設の休憩室の畳です。

管理のし易い ダイケン健やか表(和紙の畳表)を使用いたします。

 




畳縁はお任せなので 明るくてホッコリ出来そうな

チョコレート色のアーガイル柄を選ばせて頂きました。

コチラの畳は

柱の切り込み加工を残し 完成です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

日曜日も祝日も営業している畳屋です

11月17日

 

日曜日ですが、一匹狼の自営業たるもの休もうと思えばいつでも休める!

お仕事がある時には全力でお仕事をさせて頂きます!!

ってことで、

本日もいつもと変わらず お仕事頑張っておりました。

 

午前中は 昨日に仕上げた新調畳を 吉野町のお客様の所へ納品に。

 


ダイケン健やかおもて黄金色 を使った新調畳です。

今日は忘れずにお客様に画像の使用許可を頂けましたので

綺麗に納まった畳を どうぞご覧くださいませ。

 


今回は初めから黄金色をした畳表を使っていますので
新調畳ですが青い畳ではありません。

 



お部屋の隅々まで 隙間無く仕上がっております。

 


無地の黒縁は 畳が引き締まって見えますね。

長年使っている隣のお部屋の畳とも相性良く 良いバランス。

今回もお客様に喜んで頂き 何よりでした。

 

午後からは橿原市のお客様の所へ畳替えの打ち合わせに行った後に

 

先日採寸させて頂いた 大和高田市のお客様の新調畳の製作に取り掛かりました。

 


今回選んで頂いたのも 和紙の畳表。

ダイケン健やかおもて 灰桜色です。

 


灰桜色ってどんな色・・・? とたまに聞かれますが

例えが難しい色です。

ねずみ色っぽいピンク色?  薄い藤色?

当店では お見積り時にサンプルを持って行きますので

現物を見て頂くのが一番だと思います。

 

上品な色合いなので

今回のお部屋も 素晴らしい仕上がりになる事間違いなし?

のはずですよ。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。  

初めから日焼けした色の新品の畳

11月17日

 

今回のお仕事は、吉野町のお客様の新調畳の製作です。

 

お部屋は2間続きのお部屋なのですが、

替えるのは1間のみ。

お隣のお部屋も今替えるお部屋も 今後ほとんど使う事は無いとの事。

普段使わないお部屋なので

天然イ草で入れ替えると カビなどが生えるリスクが高いので

工業製品の畳表をお勧め致しました。

 

隣のお部屋の畳が日焼けしていて 今後も畳替えをする予定はないとの事

なので、違和感が無いように 今回入れ替えするお部屋も

日焼けした色の畳表をお勧め致しました。

天然イ草で作った畳なら 数年後には畳が焼けてどちらのお部屋も違和感なくなるのですが

工業製品の青い畳表を入れると

何年経っても青い畳と茶色い畳で

なんか違和感があるような感じがしましたので・・・。

 



ダイケン健やかおもて 黄金色。

新品ですが、上質な畳表が日焼けした色をしています。

 




ほんとに日焼けした畳に見えますよね。

隣のお部屋との違和感も無く 落ち着いた雰囲気のお部屋に仕上りそうです。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。