畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張替え・新畳・琉球畳など、畳の事なら1級畳技能士の畳屋、南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

10月

下市町と香芝市で新調畳の採寸、のち宇陀市のお客様の新調畳を製作

10月31日

 

午前中は 地元・下市町のお客様の所へ

6畳間の新調畳の採寸でした。

 

7年ほど前?に

8畳間の新調畳を納品させて頂いたお客様。

 

今回は6畳間のお部屋の御注文を頂きました。

先のお部屋同様に、今回もキッチリと仕上げさせて頂きますね。

 

お昼からは、香芝市のお客様の所へ

4畳半の新調畳の採寸です。

こちらはマンションの畳で、厚みが18ミリの薄畳です。

施工が難しい薄畳ですが

お客様に満足して頂ける畳に仕上げますので

今しばらくお待ち下さいね。

 

本日に採寸させて頂いた2軒のお客様、

どちらも特にお急ぎでは無い 

との事なので、

施工は、後日に取り掛かる事にして

 

 

仕事場に戻ってからは  

先日に採寸させて頂いた 

宇陀市のお客様の新調畳16畳(8畳×2間)の下準備に取り掛かりました。

 

 
今回選んで頂いた畳表です。

生産者は 田中耕助さん  品種は夕凪 

経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 


畳表の裁断を済ませた後は、畳床の裁断です。

採寸したお部屋の大きさや歪みに合うように

畳床を裁断して行きます。

 


畳床の断面です。

切り口がスッキリと切れるように 

小まめに裁断刃を研ぎながらの作業。

 

綺麗に切れた畳床と そうで無い畳床とでは

後の耐久性が 大きく変わってきます。

 

畳になってしまうと お客様には見えない所ですが

こういった所をキッチリ仕上げて行くのが、職人の仕事であります。

 


ちなみに、

畳を製作するときに出るゴミは

キッチリ分別したのち 

提携業者さんに引き取って頂いております。

 

さて、

畳表・畳床の下準備が済んだので

明日はコチラの畳を仕上げて行きます。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

 

鬼滅の刃の置き畳、南たたみ店でも取り扱っております

10月30日

 


 

この度、TVアニメ「鬼滅の刃」の公式ライセンスを取得した

「置き畳」を販売することとなりました。

置き畳は全部で6種類有ります。

オーダー頂いてから順にお作りしますので、

お届けまで時間を要しますが、ご了承下さいませ。

受注開始 2020年  11月1日(日曜日)より

問い合わせ  南たたみ店 (ホームページよりメールまたは、お問い合わせホームから)

価格 15,000/1枚(税別)

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 

以下 製品のご案内です。

 


品番 OT-01 竈門 炭次郎(かまどたんじろう)ver   

 

 


品番 OT-02  竈門 禰󠄀豆子(かまどねずこ)ver

 


品番 OT-03 吾妻 善逸(あがつまぜんいつ)ver

 


品番 OT-04 嘴平 伊之助(はしびらいのすけ)ver

 

  
品番 OT-05 冨岡 義勇(とみおかぎゆう)ver   

※冨岡義勇ver   のみ、畳縁の左右の柄が異なります。

 

 


品番 OT-06 煉獄 杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)ver

 

製品のサイズは全て、約820ミリ×820ミリ

厚みは、約20ミリ

畳の仕様は以下の通りです。

 

販売日まであと少し、

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町にて新調畳6畳の納品

10月27日

 

午前中は 畳縁の交換作業から

 


10年ほど前に 畳替えをさせて頂いたお客様より

畳縁が擦り切れているので 見て欲しいと連絡が。

 

昨日に下見をさせて頂き、本日に施工です。

 


畳をめくると、畳の下には昭和39年の新聞紙

今回の畳、 少なくとも56年近く前の物でしょう。

 


サクッと仕上げて 作業完了です。

 

畳は50年以上使っているので 

畳床の傷みは激しいものの

畳表は、まだまだ十分い使えそうで

畳縁の張り替えで 十分に綺麗になりました。

 

続いては 同じく下市町で 1枚の畳替えでした。

「御仏壇にお供えをしてたスイカが傷み

畳の下まで果汁が・・・」 

と。

私の住む地域では良くあるお話しです。

 

少し前に御注文を頂いていたのですが、

お客様がお急ぎで無いので

気温が下がり 畳にカビが生えにくくなるまで(普段はあまりお使いで無いお部屋なので)

待って頂いておりました。

 


朝から畳を仕上げて 納品です。

畳表は 安心・安全の熊本県産を使用しております。

 


畳の色が他の畳と同じようになるまでは

あと10年近く掛かるかもしれませんが、

他の畳はあまり傷んでいないので 

今回は、全ての畳を替えるよりも

1枚だけの交換がベストだと思われます。

 

お昼からは ご近所さんの所へ 新調畳6畳を納品でした。

 

 
今回使用した畳表。

生産者は森崎貴英さん 品種は涼風 経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)

畳床は建材畳床を使用しております。

 

今回もお客様のご厚意により

納めた畳の画像を公開させて頂きます。

新しく納めた畳の仕上がり具合を どうぞ御覧下さい。

 


コチラは全体画像です。

多くの畳屋さんが ブログやSNSなどで同様の画像をアップしておりますが

ハッキリ言って

この様な遠くから撮った画像だけでは

畳屋の仕事の善し悪しは分かりません。

 


この畳は 柱の所を境に 大きく寸法が違っております。

 

 
少し暗い写真ですが、コチラの柱は2ミリほど部屋の内側に入り込んでおります。

 

 

当店では 仕事に自信があるからこそ

このように近くに寄った画像をアップしております。

 

今回も寸法キッチリ 綺麗に仕上がりました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

自治会のサロンにて畳コースター作りです

10月26日

 

本日は 下市町内の自治会主催のサロンにお招き頂き

畳コースター作りでした。

 

 


本日の体温です

体調共に絶好調。

今年初のイベント。楽しみです。

 

 


今回は歯科衛生士さんの講演の後、

お時間を頂いてコースターを作って頂きました。

 

参加者の皆様も 

今年初の物作り体験だそうで、楽しんで頂けたようです。

 


コースター作りは

畳表に千代紙を貼り付ける簡単な作業です。

今回は 5種類の畳表と20種類くらいの千代紙を用意させて頂きました。

コースターを作る作業よりも

畳表の色と千代紙の色を決めるのが楽しいのかもしれませんね。

 

ほんの1時間ほどの作業でしたが

普段の畳作りとは違う 

とても新鮮で貴重な時間。

 

ほっと一息、

参加者の皆さんに元気を分けて頂きました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

吉野郡下市町にて四畳半の新調畳を納品です

10月24日

 

本日納品させて頂いたのは

下市町のお客様より御注文頂いた 四畳半の新調畳です。

 

 
今回使用した畳表です。

安心・安全の熊本県産畳表。

問屋さんのお勧めで50畳分ほど購入した畳表で、

生産者は 門和伸さん

品種は夕凪 経糸は綿の二本芯(綿々)です。

 

 
畳床は建材畳床、畳の仕上がり厚みは

少し薄めの1寸7分(約51ミリ)です。

 

 
畳縁は 無地の黒縁。 シンプルでスッキリしてて美しいですね。

 


今回のお部屋、形が台形?のような変則的

かつ、畳寄せがグネグネなので

畳を仕上げるのに 通常の倍くらいの時間を要しました。

 


お部屋全体はこんな感じの畳。 

奥の壁が、端から端で約1尺ほど斜めになっております。

 


白アリ被害により、床板を張り替える際に

今まで入っていなかった畳寄せを

大工さんが入れてくれたのですが、

 


元々の下地が出来ていない壁に合わせて、ネジ釘で押し止めているので

その曲が、まともに出ておる訳です。

コチラの壁は 奥の方へ行くにつれ外側へギュウイーっと曲がっておりました。

入り口の敷居を含め、四方全てがこの様な感じでしたので、

採寸、仕上げ、共に大変でして・・・。

苦労しましたが、何とか良い感じに納めることが出来ました。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町のお客様の新調畳6畳完成

10月22日

 

午前中は 昨日に連絡を頂いていた

地元・下市町のお客様の所へ 四畳半の新調畳の採寸でした。

 

今回は白アリの被害による畳替えです。

一昨日に古い畳を撤去させて頂き

昨日に床板が新しく張り替えられたので

本日、朝一番で採寸となりました。

 

お部屋は 四畳半なのですが 台形になっているので採寸は慎重に。

仕上がりの厚みが1寸6分と

少し薄めの畳になるので

急いで畳床を手配して 明日からの製作に備えました。

 

発注した畳床が届くまでの間に

 

先日より取り掛かっている

下市町のお客様より御注文をいただいた

新調畳6畳の仕上げに取り掛かりました。

 

 
今回の新調畳

森崎貴英さんの1番草で織られた畳表を使って仕上げます。

 

 

 

畳床は 昔のように藁を使った畳床で無く

現在主流となっている 藁を一切使用していない建材畳床を使用しております。

 

畳縁は 人気のアーガイル柄。

今回もいつも通り キッチリ丁寧に仕上げております。

 

少し勿体ないですが、余分な畳表を大胆にカットしております。

今回のお部屋は 変則なサイズなので

【丈が関西間サイズ 幅が関東間サイズ】の畳が4枚

【丈が関東間サイズ 幅が関西間サイズ】の畳が2枚

での構成となります。

 


仕上がりは こんな感じです。

 

完成したので、すぐにでも納品したいところですが

朝から採寸した四畳半の畳床が夕方に届いたので

先に 現状で畳の無い

四畳半のお客様の新調畳を仕上げてから

納品させて頂きます。

 

申し訳ありませんが、納品まで今しばらくお待ち下さいね。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良市と生駒郡平群町で畳の納品でした。

10月21日

 

本日は、1日外回りの日。

 

朝一番は 奈良市のお客様の所へ表替え6畳を納品です。

 

コチラはマンションの畳で

過去に初回を含め4度張り替えをしている畳でした。

 

何度も張り替えをしているので

畳床は傷み、寸法はメチャメチャでしたが

キッチリ修繕して 綺麗に納めることが出来ました。

 

お客様の許可も頂けたので、綺麗に仕上った畳の画像を御覧下さい。

 


コチラ全体の画像です。

明るく素敵なお部屋になりました。

 


ちなみに、張り替え前の畳はコチラです。

 


柱の切り込みも隙間無く

 

 
真っ直ぐに見えて 実はウネウネの畳寄せの所の寸法も良い感じ。

 

 

自分で言うのも何ですが

畳の寸法は 新築時の新畳より良い寸法だと思います。

お客様にも大変喜んで頂き

 

気分良く次の現場へ。

 

続いては 

平群町のお客様の所へ新調畳16畳(8畳×2間)の納品です。

 

先の現場の寸法がバッチリでしたので

とても気分良く 軽快に畳を納めていると

 

最初のお部屋、5枚目の畳を納めたときに違和感が・・・

「ん、畳が入らないぞ・・・」

一気に血の気が引き  

慌てて寸法を見直すと

何と

寸法の割り付けが間違っているでは無いですかっ!!!

 

情けないやら 恥ずかしいやら

何より お客様に申し訳ないやらで・・・。

 

もう一部屋の寸法も見直したのですが、そちらは問題なかったので

先にそちらを納め

 

入らなかった4枚は大急ぎで持ち帰り

夕方に遅くになりましたが  キッチリ手直しして納品させて頂きました。

 


コチラは先に納品させて頂いたお部屋の畳です。

 

  

 

隙間無くバッチリの寸法です。

 

続いて手直しをさせて頂いたお部屋の畳です。


コチラが全体の画像です。

 

 

 
完了するのが少し遅くなりましたが、

手直し分もキッチリ仕上がり

隙間無く 綺麗に納まりました。

ちなみに、

手直しといっても、ほんの少し畳をカットしただけなので

畳床にダメージは殆ど有りませんので 御安心下さいね。

 

 

今回、

御迷惑をお掛けしたお客様、

お昼から現調の約束をしていた工務店様

留守の間にお問い合わせを頂いていたお客様

全ての方達に 心よりお詫び申し上げます。

 

今後は 気持ちを今まで以上に引き締め 

より良い畳を作れるよう

さらに精進する事を誓いますので

今後とも 南たたみ店を宜しくお願い申し上げます。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町のお客様の新調畳6畳を製作

10月20日

 

先日より取り掛かっている

平群町のお客様の新調畳16畳(8畳×2間)です。

 

 
残っていたもう一部屋の畳の仕上げました。

 

畳の製作は、ほぼ店主1人で行っているので

大量生産は出来ませんが、

今回も いつも通り 丁寧にキッチリ仕上げております。

 


コチラのお部屋は 先の部屋とは違う 矢羽柄の畳縁を選んで頂きました。

 

二部屋共に完成したので、近日中に納品させて頂きますね。

 

続いては 地元・下市町のお客様より御注文頂いた

新調畳6畳の製作です。

 

 
選んで頂いたのはコチラの畳表です。

 

安心・安全の熊本県産畳表  生産者は森崎貴英さん

品種は涼風(関西間サイズの1番草)  経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 

今回のお部屋は6畳ですが、

長い方の辺が関西間、短い方の辺が関東間の

変則的な大きさのお部屋。

 

つまり

幅が関東間で長さが関西間の畳が4枚

幅が関西間で長さが関東間の畳が2枚

で構成されるお部屋となります。

 


4枚の畳は 幅が関東間なので 関西間サイズの畳表の

より良い部分を使うために 端の部分を大胆に切落とします。

 

 

実入りの良いイ草で織られた 分厚く丈夫な畳表。

今回も良い畳に仕上りそうです。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良市と平群町のお客様の畳を製作中です

10月17日

 

昨日に続き

奈良市のお客様の表替え6畳を製作しておりました。

 

本日は畳縁の縫着です。


今回のお部屋、部屋の隅に大きな柱があるため

その部分を畳で切り込んでいます。

 

 
前回の畳屋さんは ホッチキスでパチパチ留めておりましたが

経年で錆びてしまうと大変ですので

今回は全て縫って仕上げておきました。

 

 
ただでさえ傷んでいる畳床にダメージを与えないように

あえて出来るだけ粗く縫っております。

 


過去、4回分の古い糸は全て取り去り

裏面も綺麗さっぱりに仕上がりました。

 


これにて 奈良市のお客様の表替え6畳は完成です。

 

続いて

平群町のお客様の新調畳16畳(8畳×2間)の仕上げに取り掛かります。

 


畳表の縫着までは 先日に済ませておりますので

本日より畳縁の縫着です。

 


今回のお部屋 8畳×2間

畳縁は それぞれ別の物を選んで頂きました。

 


先に仕上げる8畳は コチラのアーガイル柄です。

 


畳床の裁断も スッキリ綺麗に仕上げておりますよ。

 

明日は日曜日ですが 

本日に引き続き コチラの畳の仕上げに取り掛かっております。

 

1日仕事場にて製作している予定ですので

畳のことで何か気になる事がある方は 遠慮無くお問い合わせ下さいね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良市にてマンションの畳替え カビの生えにくい和紙の畳です

10月16日

 

先日より取り掛かっている 平群町のお客様の新調畳16畳です。

 


畳表の縫着を全て済ませ、後は畳縁を付けて完成なのですが、

先に聞いていたお仕事があるので、一時中断しております。

作業は順調に進んでおりますので、今しばらくお待ち下さいね。

 

さて、

本日は、その先に聞いていたお仕事に取り掛かっておりました。

 

昨日にお預りしてきた 奈良市のお客様の畳替え6畳

 


今回は 畳にカビが生え その処置の仕方を少し間違ってしまった為、

畳にシミが出来てしまったので 

畳表の張り替えをさせて頂きます。

 

ちなみに、畳にカビが生えてしまった時には

まず部屋の風通し、換気を良くして 畳の表面を乾燥させて 

カビを掃除機などで吸い取るなどの処置をしてから

乾拭き、もしくは

70%の濃度に薄めた無水エタノールなどを染みこませタオルで

カビを拭き取るのが効果的だと思われます。

 

 
お部屋の使用頻度や使い具合などを伺った結果、

今回は天然イ草より 建材畳表での施行の方がふさわしいと思い

和紙の表面を樹脂でコーティングした

ダイケン健やかおもて を選んで頂きました。

 


賃貸マンションなので 畳は今まで何度も張り替えされております。

このまま施工すると古い糸が仕事の邪魔をするので

1度 全ての古い糸を取り除く事にしました。

 


古い糸を切ると 出てきたのは3種類の古い畳縁(今付いているのを含め4種)

つまり

初回を含め 今回で5回目の畳替えとなります。

 


畳床の状態はこの様な感じでした。

 

初回に施工を行った畳屋さんが

新調畳の製作時に 切れない裁断刃を使っているので

畳床の切り口はボコボコに荒れておりました。

 

使い捨ての畳なら良いのでしょうが

切れない裁断刃で無理矢理切落とされた畳床は

ダメージが激しく(特に切り終わりの角の部分) 畳床の一部は欠けて取れ落ちておりました。

 

その後の畳替えでも修繕されて無かったようですが

今回、当店にてキッチリ修繕しましたので 御安心下さいね。

 

 


要らない物を取り去り 畳床はスッキリです。

続いて畳表を縫着して行きます。

 

 
その前に

傷みの激しい畳床の角や 空いていた隙間などはキッチリ修繕しておきます。

畳の張り替えで 一番重要な作業です。

 

隙間だらけだった 切り欠きの部分も寸法調整済み。

コチラの畳は

明日には完成する予定です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。