畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張替え・新畳・琉球畳など、畳の事なら1級畳技能士の畳屋、南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

表替え

奈良市と生駒郡平群町で畳の納品でした。

10月21日

 

本日は、1日外回りの日。

 

朝一番は 奈良市のお客様の所へ表替え6畳を納品です。

 

コチラはマンションの畳で

過去に初回を含め4度張り替えをしている畳でした。

 

何度も張り替えをしているので

畳床は傷み、寸法はメチャメチャでしたが

キッチリ修繕して 綺麗に納めることが出来ました。

 

お客様の許可も頂けたので、綺麗に仕上った畳の画像を御覧下さい。

 


コチラ全体の画像です。

明るく素敵なお部屋になりました。

 


ちなみに、張り替え前の畳はコチラです。

 


柱の切り込みも隙間無く

 

 
真っ直ぐに見えて 実はウネウネの畳寄せの所の寸法も良い感じ。

 

 

自分で言うのも何ですが

畳の寸法は 新築時の新畳より良い寸法だと思います。

お客様にも大変喜んで頂き

 

気分良く次の現場へ。

 

続いては 

平群町のお客様の所へ新調畳16畳(8畳×2間)の納品です。

 

先の現場の寸法がバッチリでしたので

とても気分良く 軽快に畳を納めていると

 

最初のお部屋、5枚目の畳を納めたときに違和感が・・・

「ん、畳が入らないぞ・・・」

一気に血の気が引き  

慌てて寸法を見直すと

何と

寸法の割り付けが間違っているでは無いですかっ!!!

 

情けないやら 恥ずかしいやら

何より お客様に申し訳ないやらで・・・。

 

もう一部屋の寸法も見直したのですが、そちらは問題なかったので

先にそちらを納め

 

入らなかった4枚は大急ぎで持ち帰り

夕方に遅くになりましたが  キッチリ手直しして納品させて頂きました。

 


コチラは先に納品させて頂いたお部屋の畳です。

 

  

 

隙間無くバッチリの寸法です。

 

続いて手直しをさせて頂いたお部屋の畳です。


コチラが全体の画像です。

 

 

 
完了するのが少し遅くなりましたが、

手直し分もキッチリ仕上がり

隙間無く 綺麗に納まりました。

ちなみに、

手直しといっても、ほんの少し畳をカットしただけなので

畳床にダメージは殆ど有りませんので 御安心下さいね。

 

 

今回、

御迷惑をお掛けしたお客様、

お昼から現調の約束をしていた工務店様

留守の間にお問い合わせを頂いていたお客様

全ての方達に 心よりお詫び申し上げます。

 

今後は 気持ちを今まで以上に引き締め 

より良い畳を作れるよう

さらに精進する事を誓いますので

今後とも 南たたみ店を宜しくお願い申し上げます。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良市にてマンションの畳替え カビの生えにくい和紙の畳です

10月16日

 

先日より取り掛かっている 平群町のお客様の新調畳16畳です。

 


畳表の縫着を全て済ませ、後は畳縁を付けて完成なのですが、

先に聞いていたお仕事があるので、一時中断しております。

作業は順調に進んでおりますので、今しばらくお待ち下さいね。

 

さて、

本日は、その先に聞いていたお仕事に取り掛かっておりました。

 

昨日にお預りしてきた 奈良市のお客様の畳替え6畳

 


今回は 畳にカビが生え その処置の仕方を少し間違ってしまった為、

畳にシミが出来てしまったので 

畳表の張り替えをさせて頂きます。

 

ちなみに、畳にカビが生えてしまった時には

まず部屋の風通し、換気を良くして 畳の表面を乾燥させて 

カビを掃除機などで吸い取るなどの処置をしてから

乾拭き、もしくは

70%の濃度に薄めた無水エタノールなどを染みこませタオルで

カビを拭き取るのが効果的だと思われます。

 

 
お部屋の使用頻度や使い具合などを伺った結果、

今回は天然イ草より 建材畳表での施行の方がふさわしいと思い

和紙の表面を樹脂でコーティングした

ダイケン健やかおもて を選んで頂きました。

 


賃貸マンションなので 畳は今まで何度も張り替えされております。

このまま施工すると古い糸が仕事の邪魔をするので

1度 全ての古い糸を取り除く事にしました。

 


古い糸を切ると 出てきたのは3種類の古い畳縁(今付いているのを含め4種)

つまり

初回を含め 今回で5回目の畳替えとなります。

 


畳床の状態はこの様な感じでした。

 

初回に施工を行った畳屋さんが

新調畳の製作時に 切れない裁断刃を使っているので

畳床の切り口はボコボコに荒れておりました。

 

使い捨ての畳なら良いのでしょうが

切れない裁断刃で無理矢理切落とされた畳床は

ダメージが激しく(特に切り終わりの角の部分) 畳床の一部は欠けて取れ落ちておりました。

 

その後の畳替えでも修繕されて無かったようですが

今回、当店にてキッチリ修繕しましたので 御安心下さいね。

 

 


要らない物を取り去り 畳床はスッキリです。

続いて畳表を縫着して行きます。

 

 
その前に

傷みの激しい畳床の角や 空いていた隙間などはキッチリ修繕しておきます。

畳の張り替えで 一番重要な作業です。

 

隙間だらけだった 切り欠きの部分も寸法調整済み。

コチラの畳は

明日には完成する予定です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

続・高市郡高取町にて畳替え、14畳の張り替え工事です

10月13日

 

コチラは 先週末に仕上げていた 下市町のお客様の新調畳6畳です。

 

 

 
畳表は 安心・安全の熊本県産畳表 生産者は吉田修さん

品種は ひのみどり  経糸は綿の二本芯(綿々)です。

かわいい桜柄の畳縁で仕上げ、明るいお部屋に仕上りそうです。

 

週明けの昨日は 

雨天のため一時中断していた

高取町のお客様の6畳間の張り替えをお預りしてきました。

 

 
今回の6畳間も 前回の8畳間と同様に

打ち合わせ時に 新調畳にする事をお勧めした畳です。

 


今回も使用する畳表は 前回の8畳間と同じく

安心・安全の熊本県産畳表 生産者は有田雄一さん

品種は ひのみどり の本間1番草  経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 


コチラは 畳の下に敷いていた 新聞紙。 

(昔は畳を敷くときに畳の下に新聞紙を敷いてました。)

私の生まれ年と同じ 昭和49年の物。

つまり、畳は少なくとも 46年以上前の物だと考えられます。

昔は年に何度か畳を上げて掃除をすることもあったので

それ以上かもしれませんね。

 

 
まずは畳を分解して 畳床の修繕します。

写真は 畳の短い辺に定規を当てて

「この畳はどの位修繕しなければならないのか?」

ってのを見ています。

 

本来ならば、定規と畳床が

ピッタリ隙間無く合わなければいけないのですが、

写真のように 強度の低い 畳の角の方へ行くほどに隙間が空いております。

 

この状態で畳表を張ってしまうと

仕上った畳の角は丸くなり 納めた畳は隙間だらけになってしまいます。

 

なので、

畳表を張るまでに、畳床をキッチリ補強します!

 


このように 定規とピッタリと合うようにですね。

 

46年も使っている畳だと 一見、状態がよく見える畳でも

畳床の傷みは激しく 修繕して綺麗に仕上げるには

新畳を作る以上の手間と技術が必要とされます。

 

ちなみに

この様な手間は どこの畳屋でも同じように行う訳ではありません。

それ故に

畳替えを考えているお客様は 価格も大事ですが

キッチリと作業をする業者を選んで下さいね。

 

6枚全ての畳の四隅、寸法、厚みを調整し直し

無事完成。

お昼前に納品です。

 

 

コチラが 張り替え前の畳と 張り替え後の畳の写真です。

 

 

 

 
キッチリ調整した甲斐もあり 寸法はバッチリ仕上りました。

 

ただ、

写真では分からないのですが

今回の畳

46年間使った畳床に

生地の厚い上質な畳表を使っているため

畳床のコシが 畳表の張りに負けて

若干ではありますが、畳表にシワ(たるみ)が出ておりました。

 

仕上がりの美しさや 今後、使う年数のことを考えると

「やっぱり新調畳に変えるように勧めた方が良かったのかな?」

と思ったりもしましたが、

お客様が 喜んでくれたので 良しとしましょう。

 

もちろん、お客様の御希望に添えるよう

少しでも綺麗なお部屋に仕上るよう

全力で作業しておりますよ。

 

ちなみに

畳表のシワは 少し使って頂いているうちに

自然と消える程度です。

品質には問題ありませんので、安心して畳をお使い下さいね。

 

 

奈良県で畳を替えるなら、南たたみ店にお任せ下さいね
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

高市郡高取町にて畳替え 14畳の張り替え工事です。

10月7日

 

昨日にお預りしていた 高取町のお客様の表替え

14畳の内の8畳間ぶんです。

 

今回の畳は、打ち合わせ時に 1度は新調畳にする事をお勧めした畳です。

店主と同じ昭和49年生まれで 46歳になる畳。

 

 

畳床は 藁の畳床で  

畳床のコシは抜けかけ、決して良い状態ではありませんでしたが

施主様の御意向で 

今回は表替え(おもてがえ・既存の畳の芯材はそのまま使い、畳表と畳縁を新品に交換します)

での施工となりました。

 

 
使用する畳表は 熊本県産畳表。

生産者は 有田雄一さん 品種は ひのみどり・本間1番草
経糸は 麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 

 

お客様には 分からない事だと思うのですが、

古くなり、コシの抜けた畳床は、とても扱いづらく、

畳表を張ると 畳床は縮み(特に剛性の弱い角の部分には顕著に表れます)

畳床をシッカリ調整してあげないと、仕上った畳は隙間だらけになってしまいます。

 

この作業がとても大変で、

新しく畳を作るより 圧倒的に手間と時間が掛かるのです。

(それでいて寸法をキッチリ調整し直しても、

畳床全体のムラ(凹凸)は、直ぐに出てくるので、

新しく作り替える事をお勧めするのですが・・・。)

 



今回は一晩お預りして、全ての畳床をキッチリ修繕。

翌日には何とか仕上ったので納品です。

今回もお客様のご期待に添えるよう

全力で仕上げましたので 仕上った畳をどうぞ御覧下さい。

 

 

 
 

苦労した甲斐もあり、寸法もバッチリで今回も良い感じです。

 

帰りに 続きの6畳間の畳を持ち帰る予定でしたが

雨が降ってきたため 後日に延期です。

 

残りのお部屋も キッチリ仕上げますので

今しばらくお待ち下さいね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

和歌山県橋本市で畳替え 市松柄の和紙の畳です

10月4日

 

日曜日ですが、そこは個人事業主。

 

お仕事があれば、日曜・祝日関係なく、休まず営業しております。

 

午前中は、昨日にお伺いした 和歌山県橋本市のお客様へ

お預りしていた 畳の張り替えを納品させて頂きました。

 

今回使用したのは カビが生えにくく、カラーバリエーションが豊富な

和紙の畳表(和紙の表面を樹脂でコーティングしております)

ダイケン健やかおもて 銀白市松03を使用しております。

 


毎日恒例の体温チェック。 

本日は 36度3分。 いつもと変わらず絶好調です。

 

今回もお客様のご厚意により 納品した畳の写真を掲載させて頂きます。

当店では 初めて使う市松03。

お部屋の雰囲気だけで無く

キッチリ調整した 畳の寸法も御覧下さいね。

 

 

コチラ、張り替え前の畳と 張り替え後の畳です。

 

 

お客様は気付いていないかもしれませんが・・・

 

  
空いていた隙間は 出来る限り調整しております。

 

同じような値段の畳替えでも

単に畳を張り替えるだけで無く

隙間の調整や 段差の調整など

畳屋によって 製品の精度や美しさには 大きな差が出るのです。

 

 

今回もいつも通り キッチリ良い感じに仕上りました。

 

午後からは、大和高田市のお客様へ

新調畳12畳(6畳×2間)を納品に。

 

一部屋を入れ替えて 残りの部屋の古い畳をめくり上げると

床板のコンパネが経年劣化で傷んでいた為

急遽、床の張り替えをする事になり 

畳の入れ替え作業は中断。

 

仕事場に戻り 

ご近所さんで 畳替えの打ち合わせをした後

 

次の仕事の準備です。

 


お待ち頂いていた、高取町のお客様の畳替え14畳(8畳+6畳)

に使用する畳表です。

 

 
安心・安全の熊本県産畳表。 生産者は有田雄一さん。

品種は在来種(となっておりますが、問屋さんのミスで 実は ひのみどり です)

経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W) 本間サイズの1番草です。

 

長らくお待ち頂きましたが 

今週より作業に取り掛からせて頂きますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

畳を替えて今までの和室を和モダンなお部屋に

10月3日

 

昨日は 大和高田市のお客様の新調畳 12畳を仕上げておりました。

 


今回は工務店様のリフォーム工事の現場です。

6畳×2間の新調畳を 熊本県産畳表を使って製作しております。

 

 
納期が近いので 畳の掃除を嫁様にも手伝ってもらい

大急ぎで製作中(もちろん施工は全力投球、手抜きは一切しておりませんので御安心を)

 


今回も良い感じに仕上っておりますよ!

 

続きまして

 

本日は 和歌山県橋本市のお客様の所へ

畳の張り替えをお預りに行って参りました。

 

 
今回使用するのは カビが生えにくく管理がし易い

それでいて 様々なカラーバリエーションのある

和紙の畳表です。

ダイケン健やかおもて 銀白市松03。

コチラの畳表を使い

和モダンで素敵なお部屋に変身させます。

 

 
お預りしてきた畳はコチラ。

畳は 建材の畳床で 1度張り替えをしていました。

 

打ち合わせの時点で 畳床は調査済みです。

 

畳床は 経年劣化と 前回の施工時に傷めていたので

決して良い状態ではありませんでしたが

新しく作り替えるには まだまだ勿体ないと判断。

今回は 古い畳床をそのまま使い

畳表(たたみおもて・ゴザの部分)と畳縁(たたみべり)を新しく交換する

表替え(おもてがえ)にて施工させて頂きます。

 

 


引き上げの時間が少し遅かったので

完成したものの 納品までは出来ず・・・

 

明日には納品させて頂きますので

楽しみにお待ち下さいね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町のお客様へ和紙の畳12畳を納品です

9月30日

 

午前中は、仕上げていた下市町のお客様の新調畳12畳の納品でした。

 

 
今回の畳表は カビが生えにくく、管理のし易い和紙の畳表

ダイケン健やかおもて 銀白230 を使用。

 

畳床は 藁を一切使っていない 建材畳床(現在の畳ではコチラが主流です)です。

 

納品前に 毎日恒例の 体温チェック(新型コロナ対策です)です。

 


本日は 36度2分。 いつも通り絶好調です。

 

今回もお客様のご厚意により 畳を替えたお部屋の写真を掲載させて頂きます。

畳を替え、明るく美しくなったお部屋を

どうぞ御覧下さい。

 


コチラ、入れ替え前の畳です。

 


そして、コチラが新しい畳に入れ替えたお部屋です。

 

 

家具なども段取りよく移動して 綺麗に仕上りました。

寸法もバッチリで とても良い感じです。

 

古い畳を提携している処分所へ持って行き

一段落していると

賃貸物件の張り替えを依頼して頂いている 大工さんより連絡が入り

お預りしている畳が 予定より早く畳が必要になった

との事。

 

こんな事もあろうかと、先日より取り掛かっていたので

昼から 急いで仕上げて

夕方には納品させて頂きました。

 

 

納品後の畳の写真はありませんが

今回もバッチリ仕上り 

大工さんにも入居者さんにも大変喜んで頂けました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

広陵町にて畳替え ガッシリとした稲藁の畳床です

9月23日

 

昨日にお預りしてきた 広陵町のお客様の6畳、表替え。

 

※表替え(おもてがえ)とは、既存の畳の芯材はそのままに、ゴザの部分(畳表)と縁を新品に交換する事です。

 

今回は、日頃お世話になっている

工務店様より紹介して頂いたお客様です。

 

使用材料が決まったので、

本日より製作に取り掛かりました。

 

 
使用するのは、安心・安全の熊本県産畳表

生産者は森崎和博さん。  品種は涼風  本間サイズの1番草です。

 


お預りしてきた畳はコチラ。

 


一見、ごく普通の藁の畳ですが、

えげつない程に 圧縮された藁の芯材は

普段、畳を持ちなれている畳屋が持っても  

重たいっ!!!  

と感じる程の重量でした。

腰を壊さないように 気をつけなければ・・・。

 

 

 

ピンクのアーガイル柄の畳縁で仕上げて完成。

 

週末に納品させて頂きますね。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良市のお客様へ8畳間の畳替えを納品に

9月16日

 

一昨日の午後にお預りして  昨日の午後に納品させて頂いた

奈良市内のお客様の表替え(畳の張り替え)8畳です。

 


残業→早朝出勤にて 目指していた時間帯に納品出来ました。

 

決して 状態が良い と言えない畳でしたが

畳床の修繕や 寸法調整など

頑張って仕上げました。

 

 
コチラが納品を終えた畳です。

畳表は ダイケン健やかおもて 銀白100A、若草色

畳縁は 鮫小紋のグリーンです。

 

 


施工前の写真を撮り忘れましたが

隙間や段差がいっぱいだった畳も 

キッチリ調整して

綺麗に仕上げることが出来ました。

 

続きまして

本日のお仕事は

午前中に2軒の打ち合わせに伺った後

 

先日に採寸済みの

下市町のお客様の 新調畳6畳の製作に取り掛かりました。

 

 
今回の新調畳に使用する畳表はコチラ。

 

 
JA熊本 最高級ブランド畳表 ひのさらさ

 

生産者は 清田主税さん 品種は ひのみどり の本間1番草  

経糸は今では数少ない 麻の二本芯(通称・麻w)

当店にてジックリ熟成させた ハイクラスの畳表です。

 

 
畳床は 建材畳床 

上部に 畳床の保護と微量なクッションを持たせるため

1ミリほどのフェルトを付けております。

 


このクラスの畳表になると

シッカリ熟成させても 黒筋(古芽の黒いイ草)が出ず 

落ち着いた美しい色合いを保っております。

 

ちなみに、


生産者様には申し訳ないのですが、

作業の都合上、コチラの生産者タグが付いた部分は

全て切落とす事になってしまいました。

 

お客様には 産地や農家さんや畳表の事を

きっちり説明させて頂きますので

御安心下さいね。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町にて新調畳6畳の納品と奈良市にて8畳間の畳替えです

9月14日

 

昨日に仕上げていた 下市町のお客様の新調畳。

 

 

 
畳表は 江嶋久さんの 金剛表 夕凪1番草

畳床は建材畳床。 畳縁は焦茶の桜柄です。

今週も休日返上で頑張り

昨日の夕方に仕上ったので、

本日 朝一番で納品です。

 

 
コチラが入れ替え前の畳です。

畳は およそ40年ほど使って頂いているので

今回を機に 新調畳をお勧めさせていただきました。

 


コチラが入れ替え後の畳です。

 

 
柱の段差などもバッチリ仕上りました。

 

 


全体の寸法バッチリ 今回もイイ感じに納まりました。

 

お昼からは 

明日に引上げ予定だった

奈良市のお客様の8畳間の表替え(張り替え)をお預りに行く事に。

 

明日に預かり→明後日に納品  の予定でしたが、

 

週間天気予報によると 明後日の天気が不安定だったので

お客様と相談の上、急遽 預からせて頂くことになりました。

 


で、

コチラがお預りした畳です。

堀こたつがあるので 真ん中の畳は半畳二枚になっております。

 


今回、使用するのは  

カビが生えにくく 管理のし易い 和紙の畳表です

ダイケン健やかおもて 銀白100A若草色です。

 

メーカーのカタログを見ると

藁の畳床への使用は 推奨されていないのですが

お客様のご意向により コチラの畳表を使用いたします。

 

 

畳床の状態は 決して良くありませんが

少しでも良い状態に仕上げるように 全力で製作しております!

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。