奈良県の畳屋といえば南たたみ店で決まりです

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

表替え

吉野郡大淀町にて6畳間の畳替え その②

11月24日

 

昨日に引き続き、

大淀町のお客様より御注文頂いた畳替えの製作です。

 

今回は6畳×2間の畳替え。

本日は、

昨日の納品後にお預りしてきた残りの6畳間を仕上げて納品します。

 

朝から嫁様と2人でお仕事。

ちなみに、嫁様の担当は、古い部材の解体と畳の掃除。

主要な製作は店主の担当となります。

 

 

 


今回の畳、先に納めたお部屋も含めて

全体的に畳縁の所が盛り上がっておりました。

 

原因は厚み調整の部材が厚すぎた事によるもの。

 

 

なので、

分厚すぎる調整材を撤去して、少し薄めの物へと交換。

これでエエ塩梅になります。

 

 

昨日に畳を預かっていたおかげで、

お昼過ぎには全て完成。

納品させて頂きました。

 

 

 


少しピンボケですが、全体画像です。

 

 

 


コチラもピンボケ。 寸法はバッチリです。

デジカメ、そろそろ限界かな。

 

 


使用している畳表は、昨日の物と同じ

熊本県産畳表 中山誠一さんの【風月・本間1番草】です。

 

 

 



柱の微妙な段差もバッチリ取れております。

 

 

今回も隅々までバッチリ綺麗に納まりました。

 

 

また宜しければ、
床の間の薄縁や2階のお部屋も畳替えの際にもお声掛け下さいね。

 

 

この度は、数ある畳屋の中から、
南たたみ店を御指名頂き誠に有り難うございました。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

葛城市にて畳替え 花柄の可愛い畳縁で仕上げました

11月20日

 

最近のお仕事です。

 


吉野町のお客様より御注文頂いた 縁なし畳の製作準備。

 

 


新築現場へ国産畳表を使った新畳の納品。

 

 


斑鳩町のお客様より御注文頂いていた

寸法直しの張り替え13畳と 稲藁畳床を使って仕上げた新畳6畳の納品。

 

 

 

その他、諸々。 

有り難い事に 何かとバタバタ忙しくさせて頂いております。

 

 

 

その中で、先日に葛城市のお客様よりお問い合わせ頂いた

畳替えのお仕事。

 

 

畳は50年近く使用され、傷みが激しい畳でした。

・・・同じお金を掛けるなら、この機会に新畳に入れ替えた方が良い・・・

と思い、新畳への入れ替えをお勧めしたのですが、

 

お客様は、

「この畳の足触りの柔らかさが良いので、出来れば張り替えで・・・」

との御希望でした。

 

 

正直な所、畳の表面は凸凹が多く、

畳床の縫い糸は、釣り糸のようなナイロン系の糸で縫われており

いつ切れても仕方ないような状態。

 

大幅な寸法の調整も必要なので、

かなり厳しい要望でしたが、

お客様と御相談の上、色々な事を考慮して、

ご要望にお応えする事となりました。

 

 

 


一見、シッカリしている畳床ですが・・・

 

 


問題は畳床を縫っているビニールの糸です。

50年近く経っているので、

最悪の場合、

持ち下げをするだけで切れてしまうこともあります。

 

なので、

持ち帰る際には細心の注意を払い畳床に負荷を掛けないように・・・

それでも仕事場でチェックすると、何カ所かの糸が切れておりました。

 

 


糸が切れたところは、もう一度糸を掛け、締め直し。

畳床の寸法も全て測り直し、調整しております。

 

 

 


仕上げは、可愛い花柄の畳縁で。

 

ちなみに、コチラの畳縁は当店の無料畳縁(120種類以上あります)

以外のオプションとなり、別途費用が必要となります。

 

 

さて、

畳は1晩お預りして 本日お昼過ぎには完成。

夕方から納品となりました。

 

 

今回もお客様のご厚意により 納めた畳の写真を掲載させて頂きます。

可愛い畳縁で、キッチリ綺麗に仕上った畳を

どうぞご覧下さいね。

 

 

アフターの全体画像は、こんな感じ。

施工前の畳の写真を撮り忘れたのが悔しいほど、

見違えるように綺麗になりました。

 

 


畳表の生産者情報が入っている QRコード付きタグです。

 

 


見た目には分かりにくいのですが、

お部屋の畳寄せは歪みが多く、丁寧に寸法を拾わなければ隙間が空いたり

畳が入らなくなってしまうのです。

 

 

 

今回もいつも通りの仕上がり、隙間もなくバッチリ綺麗に納まりました。

 

 

 

この度は 数多くの畳屋さんの中から当店を御指名頂き

誠に有り難うございました。

 

明日のイベント、

店主は仕事なのですが、嫁と子供が楽しみにしております。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

桜井市にて畳替え 縁起良い柄の畳縁で仕上げました

11月15日

 

本日は、桜井市にて6畳間の畳替えです。

 

今回のお客様は

少し前にお仕事をさせて頂いた方からの御紹介。

とても有り難く、心より感謝申し上げます。

 

畳の方は

朝にお預り、夕方納品の 即日仕上げの張り替え工事となります。

 

 



お預りしてきた畳は、今では主流となっている建材畳床を使って仕上げた畳。

途中で1度張り替えをされていたようで、

状態は決して良くありませんでしたが、

十分に張り替えが出来る畳でした。

使用した畳表は、江嶋久さんの【金剛表・本間1番草】です。

 

 

 


即日納めなので、お預りした畳は嫁様と二人で

昼休憩も取らず大急ぎで製作。

大急ぎといえども、モチロン手は抜かず

今回もキッチリ丁寧に仕上げております。

 

 

 

 


選んで頂いた畳縁は、梅と鶯の吉祥柄。

で、

梅と鶯 柄の意味を検索してみると、

仲が良くとてもお似合い・切っても切り離せないもの・調和の取れたもの

などという意味があるそうです。

ちなみに、コチラの畳縁は
当店の無料畳縁(120種以上あります)以外のものとなります。

 

畳の方は、頑張った甲斐もあり

夕方前には完成。

早速納品させて頂きました。

 

今回もお客様の許可を頂いた上で、納めた畳の写真を掲載させて頂きます。



ギッチリ藺草が詰まった 肉厚で上質な畳表。

モリモリで良い艶が出ております。

細かな所の隙間も・・・

 


 

 

 


出来る限りキッチリ 隙間なく仕上げました。

 

鮮やかな畳縁と上質な熊本県産畳表で生まれ変わったお部屋に 

お客様も大満足。 大変喜んで頂く事が出来ました。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

生駒郡斑鳩町のお客様よりご注文頂いた19畳の畳替えを製作

11月7日

 

本来ならば、1ヶ月前に取り掛かり、納品も完了していたはずの

生駒郡斑鳩町のお客様より御注文頂いている

19畳(6畳+6畳+7畳)の畳替え。

 

リフォーム工事が遅れていたため、施工を延期していたのですが、

納期が近づいて来たので、

そろそろ製作に取り掛かります。

 


使用するのは、9月22日に下準備済みの

写真手前の4本の畳表。

熊本県産の畳表で、生産者は田島功一朗さん

【蔵表・本間1番草】です。

 

 

 

今回の畳、

 

3部屋の畳替えですが、

2部屋(6畳と7畳)は、

お預りしてきた古い畳の寸法を調整して再利用いたします。

 



使用年数の浅い、全て稲藁で造られた芯材を使っている畳です。

確かに、まだ捨てるには勿体ない位シッカリしておりました。

 

 

 

とりあえず、古い畳の糸や厚み調整の部材を解体。

 

普段の新畳の製作は、

お部屋の寸法を採寸→芯材を寸法に合わせて裁断→畳の製作

となるのですが、

 

今回のような場合は

リフォーム工事にて、お部屋の畳寄せや敷居が全て入れ替わっているので、

古い畳をそのまま使うと、

隙間が出来たり、入らなかったりするので、

全ての畳の寸法調整が必要となります。

 

そうすると、

お部屋の寸法を採寸→古い畳を解体→芯材を寸法に合わせて裁断→畳の製作

と、

新畳を造る時よりも

古い畳を解体する手間が増えてしまうので

製作時間が大幅に増えることになります。

 


しかも、1度手の入っている畳は

前に造った職人さんのクセがあるので、

新しい材料を使って新畳を造る時とは

比べものにならないほど寸法調整が大変で難しくなってきます。

 

 


古い畳を切ったり足したりしながら作業を進めて行きます。

この様な仕事は、機械では出来ない作業ですので

仕上る畳には、職人の技量の差が大きく出てきます。

 

 

 

使用する畳表の生地が分厚いので、

畳表を張った時に、角が潰れないように 芯材の角に補強材を入れておきました。

 

 

 

この週末、土曜と日曜の2日間で仕上ったのは、

8枚分の畳表の縫着のみ。

 

 

アカン

想定していた以上に時間が掛かりすぎている・・・

 

あ~、疲れた。

今日は はよ寝よ。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

週末も休み無く営業している畳屋です

11月1日

 

昨日・一昨日の週末も休み無くお仕事をさせて頂きました。

 

このコロナ禍の中、沢山のご注文を頂き

本当に有り難い事です。

御注文頂いているお客様には、心より感謝申し上げます。

 

さて、

お仕事の方ですが、

 

お預りしている桜井市のお客様の8畳間の表替えは、

土曜と日曜日で完成しております。

 

前回に納めさせて頂いた、6畳間の畳よりも

芯材の状態は少し悪い感じで、

畳床の厚みのムラもかなり出ておりました。

 

 


大きく垂下がった縁際には、当て物をして下がり具合を調整。

厚みが有り、盛り上がった所は

芯材の胴藁を少し抜き、糸で締め直し調整。

元の畳よりは、かなり良い状態になったはず。

 

使用材料は、畳表・畳縁共に 前回の6畳間と同じ物。

納品が楽しみです。

 

 

 

続いての製作は、大和郡山市のお客様より御注文頂いた

和紙の畳表を使って仕上げる 6畳間の新畳です。

 

使用する畳表は 和紙の畳表。

ダイケン健やかおもて です。

 

コヨリ状にした機械すき和紙を樹脂でコーティング、

そして畳表に織り上げた特殊な畳表です。

 

 


芯材は、昨夜に寸法に合わせて裁断済み。

微妙な段差や歪みもキッチリ調整しております。

 

 

 

 


畳床は建材畳床2層タイプ。

芯材の裁断面もスッキリ。

良く整備した機械を使い、キッチリ丁寧に仕上げております。

 

 


畳縁はカスリの入った無地縁。色はグリーンです。

お部屋に納めてしまうと見えなくなる

畳の裏面の仕上がりも手を抜かず、キッチリ丁寧に仕上げておりますよ。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

 

桜井市のお客様より御注文頂いた畳張り替え工事です

10月28日

 

昨日にお預りしてきた 桜井市のお客様よりご注文頂いた

6畳間の張り替え工事。

 

前回の6畳間の張り替え、前々回の縁なし畳の納品に引き続き

3部屋目の工事となります。

 


コチラ、前々回に納めさせて頂いた 厚み12ミリの極薄・縁なし畳。

畳表は セキスイMIGUSA アースカラー・ボルケーノです。

 


コチラは前回に納めさせて頂いた畳。

使用した畳表は 江嶋久さんの金剛表1番草 

30年以上使用して頂いた 6畳間の張り替え工事です。

 


で、今回の畳。

コチラも、前回の畳同様に 30年以上使用して頂いた畳です。

 

30年以上使用した畳となると

場合によっては、張り替えが出来ないほど芯材が傷んでいる場合が有ります。

 

お部屋の使用頻度、床下の湿気の具合、元々入っていた畳(芯材)のグレード、

畳が悪くなる条件はイロイロありますが、

 

今回の場合、

畳の使用頻度は、それなりに使われており

畳の芯材のグレードも 超絶に良い物 と言う訳ではありません

しかし

床下の湿気の少なさが抜群に良い感じでした。

 


30年以上経っても、畳の裏に付いている返し藁(厚み調整と化粧を兼ねた藁)

が一切腐っていない。

床板を留めている釘にも、まだサビがきていない物もありました。

 

長年畳屋をやっておりますが、

ここまで状態が良いお部屋は、ナカナカにお目にかかれないほどイイ感じ。

 

土地が持つ湿気の少なさもあるのでしょうが、

設計と大工さんの技量が、最高に素晴らしかったのでしょうね。

 



さて、

今回の畳替えに使用する畳表は

熊本県産畳表、早川猛さんの 本間1番草 です。

 

畳業界では、誰もが知る いわずもがな なイ草農家さん。

普段から かなり上質な畳表を取り扱っている当店ですが

早川さんの畳表は、やはり際だって美しい。

 

イ草も ただ長いだけで無く、穂先までキッチリ実が詰まってました。

 

 

 

 


古い芯材の補強、寸法調整をしながら畳表を縫着。

 


畳からピロっと出ているイ草の端切れは、厚み調整をするための物。

表面を100%平らにする事は出来ませんが、

縁際の凹みなども出来る限り修繕しております。

 

 

 


前回は、青い青海波柄の畳縁でしたが、

今回は、黒の青海波柄の畳縁を選んで頂きました。

 

 

昨日にお預りをして、本日の午後から納品。

 

当店の畳は、ほぼ店主一人(少し嫁様の補助もありますが)で製作している為、

1日に何十枚も仕上げるような大量生産は出来ませんが、

 

当店を選んで頂いたお客様に喜んで頂けるよう

自分が納得できる仕事を 精一杯・全力でこなしております。 

 

今回もいつも通り 全力投球(?)

 

畳は見違えるほど美しくなり、寸法もキッチリ隙間なく仕上りました。

 

 

続いてお預りしてた8畳間の畳も全力でキッチリ仕上げますので

今しばらくお待ち下さいね。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

天理市へ熊本県産畳表を使った畳の張り替えを納品です

10月24日

 

日曜日ですが、本日もお仕事 ♪

沢山のご注文、有り難うございます!

 

午前中は

昨日にお預りしてきた

天理市のお客様の表替え4畳半を納品させて頂きました。

 

今回もお客様のご厚意により 納めた畳の写真を掲載させて頂きます。

初めて使用する薄紫色の市松柄の畳縁と

熊本県産畳表の組み合わせを どうぞ御覧下さい。

 


張り替え前のお部屋です。

使用6年目。

色合いは、それ程悪くないのですが

少しイ草の毛羽立ちが服に付くようになってきたそうです。

 


入れ替え後の畳です。

 

続いて隙間の調整具合を御覧下さい。

 

細かな段差なども 出来る限り調整しております。

 

モリモリの艶良い畳表ですね。


寸法もバッチリ、今回もイイ感じに仕上りました。

 

今回も数ある畳店の中から当店を御指名頂き

誠に有り難うございました!

次回の張り替えの際にも、是非当店へお声掛け下さいね。

 

さて、

お昼からは、天理市への納品の道中にお問い合わせを頂いた

吉野郡大淀町のお客様の所へ御見積りに。

 

電話では、

「畳は32年ほど使用している。新しく作り替えしないとダメかな?」

との事。

とりあえず、お客様の所へお伺いして

一緒に入っている畳をチェック!

 

32年前の畳なので、

藁の芯材だろうと思っていたのですが、芯材は建材畳床でした。

状態も決して悪くなかったので、張り替えでの施工を提案させて頂きました。

 

続いて畳表の見本と畳縁の見本を見ながら

御見積りを提案。

 

来月の施工でのご注文を頂けました。

 

今回もお客様のご期待に添えることが出来るように

精一杯頑張りますので、

ご期待下さいね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

天理市にて国産畳表を使った4畳半の畳替えです

10月23日

 

本日は、天理市のお客様より御注文頂いた

4畳半の張り替え工事です。

 

畳は他店さんが納めていた畳。

 

打ち合わせの時に畳をチェックしていたので

何となく気になっていたのですが、

 

お客様には見えない所の 畳の作り方が少し雑い。

 

 



ボロボロの畳に見えますが、新築時からまだ6年目の畳です。

 

幸いにも、

張り替えが出来ないレベルではありませんでしたが、

畳の裁断面・化粧テープの付け方・糸の仕舞い・その他細々な所、

決して良い状態ではありませんでした。

 

どうしようも無い所は仕方ないとして、

出来る限りの修正をしながら 畳を仕上げて行きます。

 

 


使用する畳表は、熊本県産畳表。

生産者は中山誠一さん  【風月・本間1番草】 

品種は涼風  経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 

 



今回の畳は、関東間(五八間)サイズより少し小さなサイズ。

 

関西間(本間)サイズの畳表の

両幅を3目ずつ切落として使い

美しく丈夫な畳に仕上げて行きます。

 

 


選んで頂いた畳縁は、薄紫色の市松柄。

当店では、今回初めて使用する畳縁です。

 

 



肉厚?で良い艶の畳表と 淡い色合いの畳縁の組み合わせ。

上品で良い感じに仕上りました。

 

 


畳を納めてしまうとお客様には見えない畳の裏面。

コチラも部材を全て取り替え

新畳のように綺麗に仕上げました。

 

 

予定通り、明日に納品させて頂きますので

宜しくお願いいたします。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

桜井市のお客様の畳張り替えと安堵町のお客様の新畳を製作です

10月22日

 

先日にお預りしていた

桜井市のお客様の畳張り替え工事です。

 


昨日の午前中に畳を仕上げ、午後から納品させて頂きました。

 

 


縁際の凸凹を無くすために、お客様の見えない所で小細工をしております。

 

 


畳表の生産者を表記している QRコード付きのタグ。

全ての熊本県産畳表に付いているわけではありませんが、

「この畳表は熊本県産ですよ」

って言う 証明となります。

 

ちなみに、江嶋さんの場合は

畳を仕上げると側面あたりに来るように付いていますので

畳を納めてしまうと

お客様には見えなくなってしまいます。

 


今回選んで頂いた畳縁は、青海波柄の畳縁。

青海波文様は 

未来永劫平穏な日々が続きますように

という意味が込められた吉祥柄だそうです。

ツヤツヤ・モリモリの金剛表との相性も抜群ですね。

 

 

畳は午前中に仕上り、午後から納品。

空いていた隙間の調整具合もバッチリ!

今回もいつも通り、キッチリ綺麗に仕上りました。

 

 

 

続いての製作は

生駒郡安堵町のお客様より御注文頂いた新調畳6畳です。

 

 


今回使用する畳表は、中山誠一さんの 【風月・本間1番草】です。

品種は涼風。 経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

コチラの畳表は、明日施工予定の

天理市のお客様にも選んで頂いておりますので

同時に下準備しておきました。

 

 

 


畳床は建材畳床。 木質ボードの間に断熱材を挟んでいる3層タイプです。

 

 


お部屋のサイズは 関東間(五八間)なのですが、

畳表は、京間(本間)用の畳表を使用します。

 

こうすることにより 

ただでさえ上質な京間用畳表の

有効幅の両端2目ずつ

(畳表の端の方は、穂先と根っこの部分に当たるので、どうじても色合いと耐久性が低くなりがちです)

ほどを切り落とし

より丈夫で美しい畳に仕上げる事が出来ます。

 

 

 


裁断刃を良く研ぎ、キッチリ整備された縫着機で

畳縁を縫いながら寸法に合わせて畳床を裁断。

畳を仕上げてゆきます。

 

 



完成です。

 

予定通り

来週の早々にでも納品させて頂きますね。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

桜井市にて国産畳表を使った畳の張り替えです

10月20日

 

本日のお仕事は 桜井市のお客様より御注文頂いた

6畳間の表替えです。

 



使用する畳表は、熊本県産畳表。

生産者は江嶋久さん 金剛表 の本間(関西間サイズ)1番草です。

 


お預りしてきた畳は、30年以上お使いになっている

藁の本畳。

 

傷みはあるものの、元々の素材が良いものなので

表替え(おもてがえ・畳の芯材はそのままに畳表と畳縁を新品に交換する作業)

での施工で十分に対応出来ました。

 


とは言うものの、

長年の傷みはアチラコチラに出ているので、出来る限りキッチリと調整。

 


写真の真ん中に見える2本の物体は、畳の角を補強する部材です。

新しく付ける分厚くコシのある畳表に芯材が負けないように

こいつで畳の角を補強しておきます。

 

 


修繕や寸法調整に時間は掛かりますが、作業は順調に進んでおります。

今回も

ツヤツヤ・モリモリの良い畳に仕上りそうですね。

 

 


畳表の縫着が完了して一段落。

 

明日の仕上げに備え、いつも通り仕事場を綺麗に掃除して

本日の作業は完了です。

 

 

明日は午前中に畳を仕上げ、

午後から納品出来るよう段取りしております。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。