奈良県で畳の張り替え・新畳をお考えなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地

表替え

吉野郡大淀町にて畳替え 6畳の内4枚の張り替えです

8月6日

 

本日のお仕事は、大淀町のお客様より御注文頂いた

6畳間の張り替え工事です。

 

6畳の内、2枚の畳の上にはベッドが置いてあり

畳がほとんど隠れております。

 

なので、

今回、隠れている2枚の畳は、張り替えをせず。

「見えている部分の4枚のみ張り替えをして欲しい」

との御依頼でした。

 

 

今回の畳は、30年ほど前の新築時に 父親が納めさせていただいた畳です。

全体的には、さほど傷んでいないのですが、

ベッドの引き出しを出し入れする部分が、擦り切れ穴が空いておりました。

 

 



畳の芯材は、稲藁の間に断熱材を挟んだ 

通称・藁サンド畳床。

 

新調時に丁寧な仕事をしているので、

畳の裁断面もスッキリ。

 

畳の使用頻度にもよりますが、型崩れも少なく

張り替え作業もし易い。

とても仕事がはかどりました。

 

 


お客様は高齢と言うこともあり、

管理のし易い畳を希望されておりました。

今回、提案させていただいた畳表は、

カビなどが生えにくく、擦り切れにも強い、和紙の畳表

ダイケン健やかおもて・銀白100A です。

 

 


天気予報では午後からは雨の予報。

事前に材料の下準備なども済ませていたので、

作業は捗り、午前中には畳が完成。

 

いつ雨が降り出すか分からないので、

お客様の許可を得て、

お昼ご飯の時間帯ですが、畳を納めさせていただきました。

(※ 結果、雨が降り出したのは日暮れ前でしたが・・・)

 

そんな訳で、

今回は、少しバタバタさせてしまい申し訳ありませんでいた。

 

 

また畳のことで何かありましたら、遠慮無くお声掛け下さいね。

この度も当店を御指名いただき、誠に有り難うございました。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

和歌山県橋本市にて畳替え お茶室の畳張り替えです

8月4日

 

先日に納品させて頂いた

和歌山県橋本市のお客様より御注文頂いた

四畳半のお茶室の畳張り替え工事です。

 

 

今回のお客様、4年前にお仕事をさせて頂いた

橋本市のお客様よりの御紹介です。

ちなみに、その時の畳がコチラ。

 

熊本県産の畳表と、カワイイ花柄の畳縁で仕上げた6畳間の新畳でした。

Iさま、この度は御紹介いただき 誠に有り難うございました。

 


で、今回お預りしてきた畳がコチラ。

 

畳の芯材は、上下が藁で、その間に木質ボードと断熱材を挟んだもの。

畳表は、おそらく外国産(中国四川省産)の最高級グレードの畳表(麻の二本芯・麻W)

が付けられておりました。

 

 

 

今回は、日本国産(熊本県産)の畳表で張り替えさせていただきます。

畳表の生産者は、宮永清敏さん。 品種は涼風。

経糸は、麻と綿糸の二本芯(麻綿W)で、本間サイズの1番草で織られた畳表です。

 

 

 

 


お茶室なので、炉の畳も製作です。

小さな畳ですが、材料は半畳分を使用。

造る手間は、

半畳サイズの畳を造るよりも大変なのであります。

 

 

 


完成です。

 

 


半畳の畳のL字型切り込み部分には炉縁が入ります。

なので、炉縁にキズが付かないように

角の部分には、ホッチキスなどの金気を見せず

手縫いで糸を掛けて仕上げております。

 

 


納品完了。

 

 


今回も隙間や段差は、出来る限り調整済み。

キッチリ綺麗に仕上がりました。

※炉の部分は、畳や炉縁が出し入れし易いよう、少し寸法を甘く仕上げております。

 

この度の御用命、誠に有り難うございました。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

大和郡山市にて6畳間の畳張り替え工事です

7月25日

 

コチラも昨日に納品させていただいた

大和郡山市のお客様より御注文頂いた

6畳間の畳張り替え工事です。

 

畳は数日前にお預りしてきた物で、既に完成済み。

まだ仕上がってなかった

床の間の新畳を

午前中に仕上げて、お昼から納品です。

 



畳の厚みは、4分(約12ミリ)。

6畳間の張り替えに使った畳縁が、タテワク柄だったので、

コチラの床の間の畳縁も タテワク柄をお勧めしました。

 

お客様にも気に入って頂き、みごとに採用。

 

一昨日にお預りしてきた三郷町のお客様の納品と同時に

コチラのお客様の畳も納品させていただきました。

 

 

今回は、ビフォーの写真こそありませんが、

綺麗に仕上がった畳をどうぞご覧下さいね。

 

お部屋全体の感じです。

 

 


コチラの部分、張り替え前は隙間が空いており

お客様が気になっていた所なのですが、

寸法を調整し直し、お客様も満足の仕上がりとなりました。

 

 

 


畳表の生産者は、東家聖治さん。

畳を入れ替えたあと、お客様が素足でお部屋に入った第一声は、

「あ、全然ちがう」

でした。

なんか、とても嬉しい一言です。

 

畳縁は、

なぜか最近、続けて選んで頂いている畳縁。

 

 


ちなみに、コチラの畳は先日の五條市のお客様宅の畳

畳表の生産者は、田島さんです。

 


コチラの畳は、その前に納めさせていただいた大淀町のお客様の新畳。

畳表の生産者は、宮永清敏さん。

 

写真では、それぞれの畳表の違いが

あまり分かりにくいのですが、

実物の畳表を比べると、なかなかに違っているのです。

 

この違いは、御見積りで。 

ぜひ実物を見て、触れて、その違いを比べて下さいね。

 

 

 

 


午前中に仕上げた床の間の畳。

仕上がりは、この様な感じになりました。


厚みも寸法もバッチリ。

綺麗に仕上がりました。

 

今回もお客様のご期待に添うことが出来るよう

精一杯の技量で畳を仕上げました。

数ある畳店の中から当店を選んで頂き、誠に有り難うございました。

次回の畳替え時も宜しくお願いいたします!

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

生駒郡三郷町にて畳替え。新畳と張り替え工事です。

7月24日。

 

昨日にお預りしてきた

三郷町のお客様の6畳間張り替え工事を

午前中に仕上げ、

午後から納品させていただきました。

 

今回は、7年前に8畳間の張り替え工事を御注文頂いたお客様よりの

追加での御注文。

 

それと同時に、ご近所様の6畳間新畳入れ替え工事も紹介して頂けました。

 

 

まずは、先日に納品させて頂きました

新畳のご紹介から。

 

 


今回の新畳に使用した畳表は、

写真手前の畳表。

熊本県産畳表で、生産者は井上民雄さん。

経糸は、綿のシングル。  品種は、ひのみどり です。

 

 

 


畳の芯材は、建材畳床の2層タイプです。

畳床の裁断面も、良く研いだ裁断刃でスッキリです。

 

 

 

御仏壇の有るお部屋なので、

落ち着いた黒地の亀甲柄の畳縁で仕上げました。

 

 


長い床の間の畳も 同時に御注文頂きました。

 

 


青リュウビン表に金黒の高麗縁(中紋)で仕上げております。

 

 


厚みは、なんと約10ミリ。 とても薄い畳です。

 

 


コチラは入れ替える前の畳です。

40年近く使われた畳で、まずまずの傷み具合でした。

お客様も新畳への交換を望まれたので、

今回は、芯材ごとスッキリ入れ替えです。

 

 


古い畳を引上げて、キッチリ掃除をしてから新畳を納品。

で、

入れ替えた畳がコチラ。

いつも通り、寸法もバッチリ。イイ感じです。

 

 

 

 


同時に床の間の畳も入れ替えです。

 

入れ替え前の物は、ミシンで縫ったゴザをホッチキスで張り止めただけの

雑な造りの物でした。

経年でホッチキスも錆び、見た目にも悪く

せっかくの床の間が台無しですね。

 

 


新しく仕上げた畳は、寸法もバッチリ。

リュウビン表と高麗縁で、高級感のある床の間へと生まれ変わりました。

 

 

 

続いては、

昨日にお預りしてきた6畳間の表替え工事です。

 

 


入れ替え前の畳。

所々に隙間や段差が有りますが、

張り替えと同時に寸法を調整する事で、何とかなりそうです。

 

 


コチラが張り替え後の畳です。

 

 

微妙な隙間も・・・

 


出来る限りの範囲で調整させて頂きました。

 

 

 

全体的にもイイ感じ。

熊本県産畳表の爽やかな香りが、お部屋イッパイに広がっておりました。

 

前回に引き続き、

今回も数ある畳屋の中から当店を選んで頂き、

誠に有り難うございました。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

大和郡山市と三郷町にて畳の張り替え工事です

7月23日

 

先日にお預りしてきた

大和郡山市のお客様より御注文にただいた

6畳間の張り替え工事と

床の間の畳の新調工事です。

 


今回の張り替え工事に使用する畳表はコチラ。

 

生産者は東家聖治さん。【聖和・本間1番草】

品種はせとなみ。 経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 

 

 


「暫くの間、お部屋に畳が無くても大丈夫ですよ」

とのお言葉に甘えて、

打ち合わせの日に畳をお預りしてきました。

 

お預りしてきた畳ですが、使用年数は浅く

お部屋での納まりも良く、

外からの見た目は美しいのですが・・・

 


畳を分解すると、こんな感じ。

前に施工した畳屋さん、切れやんだ裁断刃を使っていたようで、

切り口はボロボロ。

何とか張り替えをすることが出来ましたが、

少し残念です。

住宅件数が多く、いろいろな業者が入っている

都会の方のお仕事では、この様な畳をよく見かけますね。

 


気を取り直して、施行の方は仕上げの段階へ。

 

畳縁は、なぜか最近

続けて選んで頂いている

【たてわくに縞と梅】柄で仕上げて完成です。

 

 


床の間の新畳には、赤リュウビン表を使用。

明日の午前中に、仕上げに取り掛かりますね。

 

 

 

続いては、

本日の午前中にお預りしてきた

三郷町のお客様より御注文にただいた

6畳間の張り替え工事です。

 

 



使用する畳表は熊本県産畳表。

生産者は、尾崎信孝さん。 品種は、ひのはるか

経糸は、綿の二本芯(綿々) 本間サイズの1番草で織られた畳表です。

 

 

コチラのお客様は、

7年前にも8畳間の張り替え工事を御注文にただいたお客様です。

今回は、6畳間の張り替え工事と同時に

畳替えを考えている

ご近所さんを紹介してくださいました。

 

本当に有り難い事です。

どちらのお仕事も、ご期待に添うことが出来るよう

キッチリ丁寧に仕上げさせて頂きますね。

 

 

 


お預りしてきた畳は、およそ30年ほど前の物。

 


使われていた芯材は、稲藁の間に断熱材を挟んだ、通称・藁サンド畳床。

前の畳屋さんが、丁寧な仕事をされていたので、

作業は順調に進みました。

 

 


スッキリ綺麗な畳表です。

 


畳縁も当店では初めてとなる柄を選んで頂けました。

 

畳の方は、ほぼ完成。

 

明日の朝から残りを完成させて、

予定通り、お昼には納品させていただきますね。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

大和郡山市にて畳替え 即日仕上げの畳張り替え工事です

7月21日

 

少し前(3連休中)のお仕事です。

 

大和郡山市のお客様より御注文頂いた

四畳半の畳張り替え工事。

今回は、朝にお預り、夕方に納品の即日仕上げのお仕事です。

 

打ち合わせの時点で、畳の状態をチェック。

使用材料も全て決めて頂き、準備万全でお仕事に取り掛からせて頂きました。

 


今回の張り替えに使用する畳表は、写真奥の丸く束ねている畳表です。

熊本県産の畳表で、生産者は田島功一朗さん。

【蔵表・本間1番草】 経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W) 品種は涼風です。

 

ちなみに、写真手前にある畳表は、

三郷町のお客様の6畳新畳に使用する熊本県産畳表です。

 


お預りしてきた畳は、初期の建材畳床で出来た畳。

芯材の剛性は少し劣ってきてましたが、張り替えするには十分でした。

嫁さまに解体を手伝ってもらい、テキパキと作業を進めて行きます。

 


関東間サイズの畳ですが、使用しているのは、

上質な関西間サイズの畳表です。

 


畳表の両端を大胆に切落とし、丈夫で美しい部分を贅沢に使用します。

 


選んで頂いた畳縁は、明るいアーガイル柄。

 

子供さんが大好きなアニメキャラクターを連想させる

イメージカラーだそうです。

 

 

 

仕事の方は、

昼休憩も取らず頑張った甲斐もあり、

予定より少し早く、畳は完成。

 

夕立が降るまでに納品させていただきました。

 


コチラ、張り替え前の畳です。

畳の表面が削れて、イ草の毛羽立ちが服などに付く状態でした。

 


そして、こちらが張り替え後のお部屋。

明るい畳縁を選んで頂いたので、

お部屋の感じもガラッと変わりましたね。

 


以前までの畳と違い、今回の畳表は、モリモリ・艶々です。

 

ただ、オモチャなどで「ガリっ」とすると

さすがに擦り切れてしまいますので、ご注意下さいね。

 

この度は、当店を御指名頂き、誠に有り難うございました。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

畳の張り替えや網戸の張り替えなど、大忙しです。

7月5日

 

ここ最近のお仕事です。

 

五條市のお客様より御注文頂いている

6畳間の新畳。

今回は、畳と一緒に

カーテンやジュウタンなどの内装工事や

網戸の張り替えも御注文頂けました。

 

と、言いましても

当店は畳専門店。

 

内装工事は、専門外なので、中間マージンなどを取らず、

良心的な専門業者さんを紹介させて頂くだけ。

 

網戸の張り替えも専門外なのですが、

コチラの仕事は出来ないわけでは無いので、当店にて施工させて頂きました。

(ちなみに、畳替えの無い網戸のみの張り替えは、お断りしております)

 


古い網を外して、ゴムの溝を丁寧に掃除。

網戸の枠も拭き掃除しておきました。

 

 

今回は、全部で9枚の張り替えでした。

畳の製作の方は、今しばらくお待ち下さいね。

 

 

 

続いて、大淀町のお客様より御注文頂いた

四畳半の張り替え工事です。

 


しっかり使い込まれた畳です。

ゴザや縁が破れ、一見、新畳に交換しなければ・・・

と感じるお客様もおられると思いますが、

 

畳の芯材の方はシッカリしておりますので、

十分に張り替えで対応出来ました。

 



今回の張り替えに使用した畳表は、

江嶋久さんの【金剛表・本間1番草】  品種は夕凪です。

 


綺麗に生まれ変わりました。

 

続いては、香芝市のお客様より御注文頂いた

縁なし畳の製作です。

 


使用する畳表は、セキスイMIGUSA・メセキ・イエロー

コチラの畳表は、

日本アトピー協会の推奨畳表であります。

 

さっそく施工・・・

と、行きたいところですが、緊急のお仕事が入ったので、

 

先にソチラから取り掛かることに。

 

 

 

 

下市町のお客様より、8畳間の張り替え工事です。

令和元年に8畳間を張り替えさせて頂いたお客様。

今回は、年忌があるとのことで、

続きの8畳間を施工させて頂きます。

 

 

畳は、芯材が建材畳床で出来た物。

前に施工された業者さんの造作も 丁寧に仕上げておりました。

 

 


使用した畳表は、前回の8畳に引き続き、熊本県産です。

生産者は、森崎和博さん。 経糸は綿の二本芯(綿々)

品種は涼風。 本間サイズの2番草です。

 

 

 


今回は、ピンクの桜柄の畳縁で仕上げました。

 

畳は完成しましたので、天気を見ながら

近日中に納品させて頂きますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

吉野郡大淀町と黒滝村にて畳替え 6畳間の新畳と表替え

6月26日

 

前回の日記に引き続き、

今回も最近のお仕事の報告です。

 


今回も使用するのは、2件ともに和紙の畳表です。

 

写真奥から

大淀町のお客様の6畳間表替えに使う

ダイケン健やかおもて・銀白100A

 

 

写真手前、黒滝村のお客様の6畳新畳に使う

ダイケン健やかおもて・銀白市松01

です。

 

 


2つの畳表をを重ねると こんな感じ。

 

どちらも本間(関西間)サイズなのですが、

 

市松の畳表は、縁なし畳にも使えるように

幅が広く造られている特別サイズの畳表となっております。

(畳表の有効幅が広い分、少しお値段が高くなってしまいます)

 

選んで頂いた畳縁は、グリーン地に小さな花柄が入っていました。

主張しすぎない花柄は、市松柄の畳表との相性もバッチリですね。

 

 


施工前のお部屋です。

畳の無いところは、堀コタツになっております。

 

 


続いて、コチラが施工後のお部屋です。

 

今回、選んで頂いた畳表の柄や、堀コタツの存在を考慮して

少し変わった畳の敷き方を提案させて頂きました。

 

堀コタツを使う場合は、

写真手前の半畳を取り外し、真ん中の1枚を手前にスライドさせることで、

問題なく使用する事が出来ます。

 

さらに、

 

畳の敷き方を一定方向にすることで、

掃除をする際、

掃除機をかけやすいという利点があります。

 

 

 



今回もバッチリの寸法での仕上がり。

明るくてとても素敵なお部屋になったと

大変喜んで頂けました。

 

 

 

続いては

大淀町のお客様より御注文頂いた

6畳間、張り替え工事です。

 


コチラのお客様、かなりのヘビースモーカーとの事。

引上げてきた畳にも

畳の上に敷いていたカーペットを貫通して、焦げ跡が何カ所もありました。

 

これはチョット気になります。

納品時に

くれぐれも火事にならないように気を付けて下さいね。

と報告させて頂きました。

 

 


タバコの影響は、こんなところにも。

カーペットが掛かっていなかった部分の畳です。

一見、畳表の表面は、凄く日焼けしているように見えますが、

裏面の色合いから察するに

おそらくタバコのヤニが、畳の表面の汚れを増長させているようですね。

 

タバコの影響が無ければ、

まだまだ畳替えの必要も無かったかもしれませんね。

 


畳は一晩お預りして、隙間などをキッチリ調整して仕上げてました。

畳縁の中にある四つ葉のクローバーを探して下さいね。

 

 


で、納品です。

 


「隙間も無くなり、部屋も明るくなった」

と、お客様も大満足。

四つ葉のカワイイ畳縁も大好評でした。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

橿原市と桜井市にて畳替え 和紙の畳表を使った新畳です

6月26日

 

しばらくぶりの投稿となります。

休みなしの連勤で、少し疲れが出始めておりますが、

今週も元気を振り絞り頑張っておりました。

 

仕上げていた橿原市のお客様より御注文ただいていた新畳20畳と

桜井市のお客様の新畳12畳の納品です。

 

と言いましても、どちらも工務店さまより紹介頂いたお客様。

お部屋の全体画像の使用はNGとなっておりますのでご理解下さい。

 

 

まずは、橿原市のお客様の新畳20畳(10畳×2間)

 

 

使用材料ですが、

畳表は、ダイケン健やかおもて・銀白・極

畳床は、建材畳床Ⅰ型(健やか畳床・2000エコ改)

畳縁は、光輝畳縁・金栗

を使い仕上げております。

 

2間ともに特にクセの無いお部屋ですので、仕上がりも問題なく

いつも通りバッチリ綺麗に納まりました。

 

 

続いて、桜井市のお客様の新畳12畳(6畳×2間)です。

 

 


コチラの畳ですが、

 

畳表には、ダイケン健やかおもて・銀白100A

畳床は、建材畳床2層タイプ。

畳縁は、畳表と同系色の専用畳縁、ストリーム01

を使用しております。

 

 


畳を造りながら、

ホントにこの寸法で大丈夫なのか?

と思い返すような、柱や畳寄せの歪みも

採寸通りで合っていて、

隙間無くキッチリ仕上がり一安心です。

 

 

 

 

続いての現場は、

 

とある宿泊施設さまの畳替え42畳(6畳+8畳×3間+12畳)。

最後の8畳間を納めさせて頂きました。

 

 


使用して畳表は、ダイケン健やかおもてに

抗菌・抗ウイルス加工を施した畳表

【エバーグリーン】です。

 

今回のお部屋は、

もともとお部屋に入っていた既存の畳の芯材を使い

畳表と畳縁を新品に交換する

表替え(おもてがえ)という作業をしております。

 

 


5部屋全て完成させるのに少し時間が掛かった現場です。

スピード重視で42畳分を一気に仕上げる事も出来るのですが、

今回は、全5部屋のうち3部屋は表替え(張り替え工事)

その3部屋共に、隙間がイッパイで、修繕に時間が掛かるので、

オーナー様とも相談して

1部屋ずつ時間を掛けて、丁寧に仕上げさせて頂きました。

 

 

丁寧な仕事の甲斐もあり、

仕上げた畳は、

新調時よりも隙間が無いほどに綺麗な仕上がり。

 

オーナーさまにも喜んで頂き、たいへん満足していただけました。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

とある宿泊施設さまの8畳間張り替え工事です

6月13日

 

昨日のお昼にお預りしてきた とある宿泊施設さまの張り替え工事。

 

天気予報では、

午後から少しずつ下り坂になる

との事でしたので、

何とか午前中に仕上げて納品させて頂きました。

 


コチラ張り替え前のお部屋です。

パッと見た目には分かりませんが、全体的に微妙な隙間が空いております。

 

張り替え工事は、既存の畳の芯材をそのまま使うので、

何も手を加えないで、張り替えだけをすると

隙間は現状、もしくは、これ以上に酷くなってしまいます。

 


そして、コチラが新しく張り替えたお部屋です。

 

既存の畳の芯材を切ったり足したりしながら、

出来るだけ隙間が生じないように施工しております。

 

ちなみに、

この隙間調整の作業、

畳替えのお値段は、同じような金額でも、

隙間調整などの技術作業は、

どこの畳屋さんでも同じようにしてくれる物では有りません。

畳替えの際には(畳屋さんを選ぶ際)、くれぐれもご注意下さいね。

 


この部分は、寸法が甘いだけで無く、

畳の歪みが合っていないので、

ガッツリ隙間が空いておりました。

 

 


歪みを調整後、畳の隙間分の調整材を足しております。

 

 

 


コチラは、全体的に3ミリ程の隙間が有りました。

 

 


ピッタリ仕上がりました。

 

 

 

コチラは、柱と畳寄せで3ミリ程の段差があり、

畳寄せも全体的に反っていました。

 

 


畳寄せの反りが分からないような自然な仕上がりとなりました。

 

 

 


こちら、

ビフォアーこそ撮り忘れておりますが、

畳と畳の出合っている所の直角が出ていなくて、

ハの字型に隙間が開いておりましたが、

直角を出し直して、畳もピッタリ仕上がりました。

 

 

その他にも修正箇所多数。

 

 

急ぎのお仕事でしたが、精一杯の努力の甲斐もあり

今回もイイ感じのお部屋に仕上がりました。

 

 

残りの8畳間も綺麗に仕上げますので、

今しばらくお待ち下さいね。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。