畳が大好き!奈良県の畳屋といえば南たたみ店ですよ

新調畳・畳の張替え・琉球畳など、畳の事なら1級畳製作技能士のお店、南たたみ店にお任せ下さい!  

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

04月

磯城郡田原本町のお客様の新調畳18畳の納品でした

4月19日

 

今週も忙しくお仕事させて頂きました。

下市町のお客様の新調畳、4部屋24,5畳

その内の3部屋20畳の納品をさせて頂きました。

 
 

 

 

3部屋共に綺麗に納まりました。

 

 

続いて某所にある 震災復興住宅の表替えです。

 
数年前に納めさせて頂いたコチラの現場。

震災復興住宅と言う事もあり、
その時は予算内で利益度外視で良い物を納めさせて頂いたのを覚えております。

今回は入居者様が退去されたという事で、表替えのご注文を頂きました。

6畳間と4畳半のお部屋があるのですが、
当時納めさせて頂いた畳があまりにも綺麗なので
6畳のお部屋は表替えをせずにそのまま使う事に。

 


職人としては嬉しいのですが、商売としては・・・

4畳半のお部屋は、
家具の日焼けの後があったので表替えをさせて頂きました。

 

 

続いては 宇陀市のお客様の新調畳6畳×2間の製作

 

 
1部屋は和紙の畳表を使った新調畳です。

残りの1部屋も近日中に仕上げさせて頂きますので、
今しばらくお待ちくださいね。

 

 

そして、本日は
田原本町のお客様の新調畳6畳×3部屋の納品でした。

 

 

 

 

 

今回も良い仕上がりでした。

 

たくさんのご注文を頂いておりますので、
南たたみ店 今週末も休まずお仕事させて頂きます!

畳の事で気になる事があれば お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

 

 

 

 

宇陀市のお客様の新調畳12畳の製作開始

4月16日

 

週末は とある賃貸物件の新調畳17畳を仕上げておりました。

 

畳の製作
日曜日も暗くなるまで残業です。

 

新調畳
頑張ったおかげで 月曜日のお昼には全て完成!

そんな訳で、昼過ぎから納品に行ってきました。

 

古民家の畳
1枚の畳
思いのほか歪みの多かった1畳間(平行四辺形になっております)の畳もキレイに納まりました。

 

新調畳
新調畳
新調畳

新調畳
柱の段差なども出来る限り隙間の無いよう

賃貸物件でも手を抜かず仕上げております。

 

何とか納期にも間に合わせ仕上げる事ができ 
どのお部屋もバッチリ良い感じに仕上がりました。

 

そして、本日からは 宇陀市大宇陀のお客様の新調畳6畳×2間の製作です。

 

今回、1部屋は天然イ草で、もう一部屋は和紙の畳表での製作となります。

 

ダイケン和紙畳表 
コチラ、和紙の畳表です
(機械すき和紙をコヨリ状にして表面を樹脂でコーティングした物で作られた畳表)

 

和紙の畳表
ロール状の物を畳1畳分の長さにカット

採寸済みの下市町のお客様の新調畳6畳の分と合わせて
12畳分を下ごしらえしておきます。

製作中の畳
畳床も寸法通りに裁断した後、畳表を縫着。
ちなみに、今回 畳床には厚み2,5ミリほどのクッション材を入れております。

 

6畳分の畳表の縫着が済んだ所で 

大工さんより急ぎのお仕事の依頼が入り

十津川村まで畳の張替え4畳半をお預りに。

 

明日は 製作中の宇陀市のお客様の6畳を仕上げ
お預かりしてきた4畳半の表替えの製作に取り掛かります。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

賃貸物件の新調畳17畳の製作

4月13日

 

先日から取り掛かっていた下市町のお客様の新調畳24,5畳。

 

新たにご注文頂いた現場の採寸や打ち合わせなどで
少し仕上げが遅れていましたが、昨日にようやく完成いたしました。

 

新調畳の製作
コチラ、製作中の畳。 残りの6畳と4畳半を仕上げておりました。

 

新調畳

コチラの畳は ピンクの市松柄の畳縁で仕上げました。

「 ピンクの畳縁って 」  と思われる方も沢山おられると思いますが、

これがまた 想像よりもずっとイイ感じのお部屋に生まれ変わるんですよ~。

 

さて、続いての製作は

 

先日に急遽依頼して頂いた とある賃貸物件の新調畳17畳です。

 

「 来週の中頃には引っ越して来るので、それまでに何とか畳を新しく・・・ 」

との事でした。

 

そんな訳で、今週末のお仕事は コチラの新調畳の製作です。

畳表
今回は賃貸物件と言う事もあり、使用する畳表は中国産です。

 

畳表
10枚連続になっている畳表を畳みの長さに合わせて裁断。
そして、畳床に縫着する下準備をしておきます。

 

製作中の畳
畳床をお部屋の大きさに合わせて裁断後に 先ほどの畳表を縫着して行きます。

 

畳屋の仕事場
製品がイッパイで いよいよ身動きが取れなくなってきました。

コチラの畳は

明日には ある程度仕上げて 週明けには納品できるように頑張ります!

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

下市町のお客様の新調畳24,5畳の製作

4月9日

 

4月に入り すこしづつ暖かくなってきたおかげで、
有り難い事に 今週もご新規のお客様よりのご注文を頂き
バタバタと忙しくさせて頂いております。

 

打ち合せや採寸の合間に 先週に採寸させて頂いた

下市町のお客様の新調畳 

4部屋 計24,5畳の製作に取り掛かっております。

 

国産畳表
今回は、お部屋の使用頻度や使い方によって
使用する畳表のランクを選び分けて頂いております。

ちなみに、どちらも同じ農家さんの同じ品種の畳表です。

 

国産麻綿W畳表
コチラは座敷の8畳と6畳に使う畳表

生産者は 田島功一朗さん  品種はの在来種 経糸は麻と綿糸の二本芯(通称麻綿W)です。

イ草は 刈り取った田んぼの中で一番長い 
一番抜きのイ草のみを使用。

経糸に 麻と綿糸を使用して
製織している時にイ草が切れない限界に近い所まで
イ草を密に織り上げた畳表です。

耐久性、美しさ共に とても素晴らしい畳表です。

 

 

 

 

麻引き表
こちらは 4畳半と6畳に使う畳表。
先ほどの畳表より ランクは少し下がります。

生産者さんは同じく 田島功一朗さん 品種はの在来種 経糸は麻シングルです。

こちらも一番抜きのイ草を使っているのですが、
田んぼが違う為、先ほどの畳表より イ草は少し短めです。

なので、経糸も麻のシングルにして イ草の織込量も少なくしている為
ゴザの厚みが少し薄く 見た目のボリュウムも
先ほどの畳表に比べ若干ですが劣ります。
その分
お客様にお求めやすい価格帯にて
提供出来るように織られている訳ですね(それでも十分に素晴らしい畳表です)。

 

 

 

 

今回 畳縁は コチラの2種類を使います。

畳縁

 

まずは 良い方の畳表を使って製作開始です。

製作中の畳

製作中の畳
国産新調畳
見て頂ければ分かるように いつもながらイイ艶をした畳表です。

 

明日は4畳半と6畳の畳の仕上げに取り掛かり 

おおむね全ての畳を仕上げる予定です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

広陵町のお客様の新調畳8畳 市松柄の畳です

4月4日

 

少し報告が遅れましたが、先月末の高取町でのイベント

おかげさまで大盛況でした。

 


主催者様・出店者様、
なにより ご来場いただいた沢山のお客様、
誠に有難うございました。

心より御礼申し上げます。

 

さて、イベント明けの今週は

打ち合せや採寸など 外回りのお仕事ばかりでした。

 

本日は、先月に仕上げていた 広陵町のお客様の新調畳の納品でした。

 

和紙の畳、市松柄
和紙の畳表 白茶色×乳白色の市松柄を使った新調畳8畳。

 

今回もお客様にお部屋の畳の画像の使用許可をを頂けたので

納品前と納品後の畳の違いをご覧くださいね。

 

入れ替え前の古い畳
コチラ、入れ替え前の古い畳です。

 

和紙の畳 市松柄
そして、コチラが新しく納めさせて頂いた新調畳です。

 

市松柄の新調畳

お部屋が華やかに明るくなりました。

 

市松柄の新調畳
市松柄の新調畳

市松柄の新調畳
細かな所の寸法もバッチリ仕上がっております。

 

仕事場に戻ってからは、次のお仕事の段取りです。

下市町のお客様の新調畳4部屋 計24,5畳に使う畳表です。

 

国産畳表
縁側の座敷8畳と6畳は 写真手前3本の畳表を使用。

居間の6畳と4畳半は 写真奥の畳表を使います。

 

生産者さんは どちらも同じ 田島功一朗さん

もう少し詳しい事は 後日の日記にて記載いたしますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。