奈良県の畳屋といえば南たたみ店で決まりです

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

新調畳

桜井市のお客様より御注文頂いた床の間の畳を製作です

12月2日

 

とうとう今年も残り1ヶ月。

 

今週も

宿泊施設さんの新畳採寸、小学校時代の恩師と打ち合わせ、地元のお客様へ採寸、

お隣の町のお客様より御注文頂いた

新畳の製作・納品、などと

有り難い事にバタバタと忙しくさせて頂いております。

 

 

 


大淀町のお客様より御注文頂いた 新畳6畳です。

 

 

 


畳表は、安心安全の熊本県産畳表。

生産は森崎和博さんです。

 

 

 


本日午後より納品。

キッチリ納まり、お客様からも納めた畳の画像の使用許可を頂けたのですが、

撮った写真は、この画像以外、全てピンボケ。

そろそろ、カメラの買い換え時なのか・・・。

 

 

 

続いては、

 

 

桜井市のお客様より御注文頂いていた

床の間の薄縁を製作です。

 

 

 


使用する材料は、こちら。

赤リュウビン畳表と納戸色の金七宝縁です。

 

 

 


薄縁の幅は、60センチ位なので、畳表の両端を切落とし

真ん中の部分だけを使います。

 

 

 


目標の仕上がり厚は8ミリと少し薄め。

赤リュウビン表の裏面に、薄めのゴザを合わせて框を閉じ、

七宝柄の紋が綺麗に出るように、

全て手縫いで、畳縁を仕上げて行きます。

 

 

 


この写真では、見切れておりますが、

薄縁の両端で、綺麗に紋が出るように

今回は、畳縁を全体で半紋分縮めて仕上げております。

 

この作業も簡単そうでナカナカに難しい

高度な技術を要します。

 

 


今回、初めて使用する

納戸色の地をした金七宝縁。

 

紋も綺麗に出て、良い仕上がり。

納品が楽しみです。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良県畳組合にて四天付き拝敷を造る勉強会でした

11月28日

 

この週末、土曜・日曜日は、

店主の所属する奈良県畳組合の勉強会でした。

 

今回のテーマは、

【四天付き拝敷】

の製作。

 

 

四天付き拝敷とは、禅宗(おもに曹洞宗・臨済宗・黄檗宗)のお寺さんで使われる敷物で、

四隅に四神を意味する四天を付けた拝敷のことです。

 

四天とは四天王のことで、東西南北を守護する四神のことで、

東に持国天王(治国安民)
西に広目天王(千里眼)
南に増長天王(万物の生と知識を生み出す神)
北に毘沙門天王(鎮護国家・心願成就)

を表しております。

 

四天付き拝敷は、

畳屋さんなら誰でも作れる などと言うことは無い

製作するのに 超絶に特殊な技術を要する畳です。

年末の忙しい時期ではありますが、

何とか日程を調整して、しっかり勉強してまいりました。

 

 

 


使用する高麗縁を裁断。

それぞれに適切な使用場所を決めております。

 

 


四方に付ける紋の数は、基本、7・5・3紋で表します。

これは人生における厄年を表す数字で、それを払うために四天を付けます。

 

 

まる2日間かけて完成。

 

 

普段することの無い作業と新しく覚える技術に

心も体もクタクタになりましたが、

 

とても充実した2日間でした。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

高市郡高取町にて3畳間の畳替えです

11月25日

 

午前中は、高取町のお客様と打ち合わせです。

 

昨日のお問い合わせの際、
なるべく早く畳を入れて欲しいとのことでした。

年末の繁忙期、

早急に御見積りしないと予定日に間に合いませんので、

何とか日程調整をして、午前中にお伺いする事に。

 

 

今回は、3畳のお部屋。

 

御見積りも順調に進んだので、

本日夕方、もしくは明日の午前中の納品を目指し

段取りを進めて行く事に決めました。

 

 

 


今回の使用材料。

畳表は外国産畳表。畳床は建材畳床2層タイプです。

 

 

 


急ぎのお仕事でも、決して手は抜かず。

細かな段差や歪みもキッチリ調整しております。

 

 

 


仕上がりの美しさを左右する、畳縁の角の仕上げも丁寧に。

 

 

 


今回の仕上がりもイイ感じ。

いつもながら、お値段以上の仕上がりです。

 

 

 


コチラは畳の裏面。

お客様には見えない所の仕上げもバッチリです。

 

 

夕方には畳は完成。

明日には納めさせて頂きますね。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

吉野町のお客様より和紙の畳表で仕上げる縁なし畳の御注文です

11月22日

 

少し前から 少しずつ仕上げに取り掛かっている

吉野町のお客様より御注文頂いた

縁なし畳、半畳11枚(6畳、12枚のうち堀コタツの半畳分を抜いた11枚)の製作です。

 


使用する畳表は、和紙の畳表

ダイケン健やかおもて 清流・黄金色です。

 

 

 


芯材に使う畳床は、建材畳床の3層タイプ。

畳仕上がり60ミリの物。

畳の寸法に合わせて、四方を裁断。

畳は敷き込み時に納めやすいよう、下の方へ少し勾配を付けてカットしております。

 

 

 

畳表の幅方向を折り曲げつつ

先ほど裁断した芯材に畳表を縫着。

 

 

 


折り曲げた畳表の幅方向も

芯材との空間が出来るだけ生じないように

慎重に丁寧に縫い仕上げてゆきます。

 


完成です。

 

 

 


仕上った畳を2枚並べました。

片側の畳を90度回転させると、写真のように畳の色合いが大きく変わって見えます。

これは、畳表に当たる光による錯覚なのですが、

この色合いの変化を利用して、縦横交互に畳を敷き詰め、

市松色に見える畳のお部屋へと仕上げてゆきます。

 

 

 

 


納品まで少し余裕がありますが、

本日、全て完成しました。

 

お約束した納品日まで

今しばらくお預りしておきますので、

楽しみにお待ち下さいね。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

 

五條市にて畳替え 和紙の畳表を使った新畳の納品です

11月16日

 

本日は五條市のお客様へ 仕上げていた新畳を納品です。

 

和紙の畳表(ダイケン健やかおもて)と建材畳床で仕上げた

10畳半(6畳と4畳半)の新畳。

 

今回も納品した畳の写真の掲載許可を頂けました。

 

多くの畳屋さんが掲載したがらない

細かな所の仕上がり具合(粗が出やすい所)も 是非ご覧下さいね。

 

 

実は真ん中の畳の下に 堀コタツがある6畳間。

もうコタツは使わないので、1枚物の畳で仕上げて欲しいとのことでした。

 

全体画像は、仕上がりの粗が目立ちにくいので多くの畳屋さんが掲載しておりますね。

 

ここからの写真が、当店が見て頂きたいところ 腕の見せ所となります。

 


二段になった小さな段差、キッチリ取れております。

 

コチラは柱の段差に合わせて畳の寸法を割り付けました。

寸法もピッタリ。

分かりにくいですが、2ミリ程の微妙な段差も畳で付けております。

 

 


コチラは作業が難しい

幅木(畳寄せ)の入っていない 合板を張りっぱなしの壁。

壁が波のようにウネウネとしておりますが、

出来る限り隙間なく仕上げました。

 

2部屋共に バッチリ納まりお客様も大満足。

 

綺麗になった畳のお部屋を気に入って頂き

もう使わないと決めていた堀コタツを

もう一度復活する事に!

 

そんな訳で

追加でコタツの反対側の半畳分の畳をご注文頂けました。

 

急がないので、来年でも良いよ との事ですが、

これから寒くなりコタツの季節なので、

年内には仕上げて納品させて頂きますね。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

五條市のお客様より御注文頂いた10畳半の新畳を製作です

11月14日

 

昨日より取り掛かっている

五條市のお客様より御注文頂いた 新畳10畳半(6畳と4畳半)の製作です。

 

今回使用するのは、カビが生えにくく管理のし易い

和紙の畳表です。

 


コヨリ状にした機械すき和紙に

樹脂コーティングを施し畳表に織り上げた

ダイケン健やかおもて(和紙の畳表)。

 

打ち合わせ時

お客様に、今後のお部屋の使い方や使用頻度をお伺いすると

「別荘的な家の使い方で、お部屋は普段ほとんど使用する事が無い」

とのことでした。

 

このようなお部屋の使い方のお部屋に

天然イ草で仕上げた畳を納めると、

梅雨の時期や台風のシーズンに

かなりの高確率で畳にカビが生えてしまいます。

 

なので、

今回はカビが生えにくく管理のし易い

コチラの畳表をお勧め致しました。

 

 

 


材料は全て事前に下準備済み。

仕事は段取りが肝心です。

 

 

 



畳の芯材は、建材畳床。 3層タイプの物を使用しております。

 

 

 


畳縁は、落ち着いた色合いで。

と言うことで、コチラの柄を選んで頂きました。

 

畳の方は、頑張った甲斐もあり

この土曜日と日曜日で 全て完成。

今週のどこかで日程を調整した上で納品させて頂きますね。

 

 

 

 

続いては

明日に取り掛かる予定の

桜井市のお客様よりご注文頂いている

6畳間の張り替え工事の下準備です。

 

 

 


使用するのは、熊本県産畳表。

江嶋久さんの 【金剛表・本間1番草】です。

 

 


明日施工予定の畳は、関東間(五八)サイズ。

使用する畳表は、長いイ草を使い織られた

有効幅が広く、丈夫で美しい、関西間(本間)サイズの1番草畳表。

今回も本間サイズの畳表の両端3目分ほど内側を使い

より丈夫で美しい畳に仕上げます。

 

下準備は万全。

明日の仕事もお客様に喜んで頂けるように

全力で取り掛かりますよ。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

工務店さんの新築物件に熊本県産畳表を使った新畳を納めます

11月12日

 

まずは前回の続き、

斑鳩町のお客様より御注文頂いた畳替え19畳のうち

熊本県産畳表と稲藁畳床を使って仕上げる

新畳6畳の製作です。

 


畳縁は、先に仕上げた13畳(7畳と6畳)と同じく

綿糸と麻糸で仕上げた 自然素材100%の畳縁

大宮縁・ラン シリーズのNo.107、モスグレーです。

 

 

 


新畳といえども、厚みのムラの多い藁の畳床。

一枚一枚、厚みを測り

調整しながら仕上げてゆきます。

 

 


完成です。

これで、御注文頂いていた19畳が全て完成。

納品日まで、今しばらくお預りしておきますね。

 

 

 

続きましては、

長年お世話になっている工務店様より御注文頂いた

新築物件の新畳の製作です。

 

 



価格優先で外国産の畳表を使用する工務店さんが多い中

当店がお付き合いする工務店様の多くは、

お客様の事を最優先に考え

安心・安全な熊本県産畳表を指定してご注文頂けます。

 

今回使用するのも 熊本県産畳表。

守秘義務があるので、詳しいことは書けませんが、

関東間(五八)サイズの畳に 関西間(本間)サイズの畳表を使用いたします。

 

 



関東間より少し小さいサイズのなので、

関西間サイズの畳表の両端3目分ほどを切落とし

より丈夫で美しい畳に仕上げます。

 

 


綺麗な畳に仕上りました。

 

 

 


新築物件では、お客様には見て頂く事が無いであろう

裏面の仕上がりも手を抜くこと無く、

丁寧に仕上げておりますよ。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

生駒郡斑鳩町のお客様より御注文頂いた19畳の畳替え製作 その②

11月10日

 

先日より取り掛かっている

斑鳩町のお客様より御注文頂いた

19畳の畳替え(7畳と6畳は張り替え・6畳は新畳です)製作。

 

 

前回に残っていた 張り替え分の畳表の縫着を済ませ、

昨日からは、仕上げの畳縁の縫着に取り掛かりました。

 

 


古い畳を使っての 寸法直しの張り替え工事なので、

畳縁を縫着しながら、畳の幅寸法も裁断・調整しております。

 

 


今回の畳縁は、

リフォーム業者さんの設計士さんより指定の物を使用しております。

 

高田織物の【ラン】シリーズより、No.107のモスグレー。

艶付け加工綿糸と麻糸で織り上げた自然素材100%の畳縁です。

 

※今回の畳縁は、当店のラインナップには無い畳縁ですが、
お客様の御希望があれば、大抵の畳縁は入手可能です。

 

田島さんの【蔵表・本間1番草】との相性もバッチリ。

上品な畳に仕上りました。

 

 

寸法直しの表替え13畳(7畳・6畳)が仕上ったので、

 

続いては、

新畳6畳の製作に取り掛かります。

 

 


使用するのは、上質な稲藁100%の畳床。

 

 



大事に大事に保管していた 今では入手困難となった西播畳床です。

 

 

 


コチラ、畳床の裁断面です。 

縦横に何層にも藁が、綺麗に積み重なっております。

 

 

 


畳床を縫っているピッチは、約18ミリ間隔。

細かく縫われているので、

畳床には程よい粘りとコシが有り

丁寧な藁の配置の仕方とも相まって

長い年月使用して頂けるはずです。

 

 

 


コチラの畳床に付ける畳表は、表替えに使用した物と同じ

田島功一朗さんの【蔵表・本間1番草】です。

 

畳縁も 同じ物を使用。

 

 

明日・明後日での完成を目指し

只今、全力で製作中です。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

御所市にて和紙の畳表を使った畳替えです

11月5日

 

先日より取り掛かっておりました

御所市のお客様の新畳14畳(8畳+6畳)

 

今回は、和紙の畳表 

ダイケン健やかおもて 銀白IS

を使用して製作しております。

 

 

 



畳床は建材畳床3層タイプを使用。

仕上がり厚60ミリと、少し厚めの畳床となっております。

 

 


床の間・御仏壇のある 純和風のお部屋に良く合う畳縁を選んで頂きました。

 

 

リフォーム中のお部屋は、畳が無い状態でしたので

大急ぎ、且つ

キッチリ丁寧に仕上げて、本日納品。

 

 

 

今回もお客様のご厚意にて 納めた畳の画像を掲載させて頂く事となりました。

隅々までキッチリ納まっておりますので、

仕上がりをどうぞご覧下さい。

 

 

 

 




柱の段差などもバッチリです。

 

 

 




畳はいつも通り、今回も隅々までキッチリ綺麗に納まり

お客様も大満足の仕上がりです。

 

畳の上を歩くと、タンスが揺れるほどにフワフワだったお部屋も

新畳と大工さんの床下補強の工事と相まって

今までとは比べものにならないほどに

ガッチリ安心できる仕上りとなりました。

 

 

 

追加で御注文頂いた 隣のお部屋の畳も

ご期待に添える事が出来るよう、全力で対応させて頂きますので

宜しくお願いいたします。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

大和郡山市のお客様へ6畳間の新畳を納品です

11月2日

 

午前中は、広陵町の新築物件へ新畳の採寸。

その足で、

昨日に仕上げた大和郡山市のお客様の新畳を納品させて頂きました。

 


和紙の畳表と建材畳床で仕上げた新調畳。

 

今回もお客様のご厚意により

納めた畳の写真を掲載させて頂きます。

出来る限り歪みなどを調整した畳の仕上がりを

どうぞご覧下さい。

 


お部屋全体の画像です。

 


この様に歪みのある畳はというと

 



この様な感じにピッタリ・キッチリ納まりました。

 

 


畳寄せの繋ぎ目の段差のクセも イイ感じに取れております。

 

 

 


遠目には無地に見える畳縁も

近くで見るとカスリが入っており 程よいアクセントとなってますね。

 

 

 

床板に段差があり、畳が馴染むまでは少し畳がバタつきますが、

全体的な仕上がりは、イイ感じ。

 

お客様にもたいへん喜んで頂き何よりでした。

 

 

 

午後からのお仕事は、工務店様から御紹介頂いた

御所市のお客様の新畳14畳(8畳+6畳)を製作です。

 

 

 


今回使用するのも、和紙の畳表

【ダイケン健やかおもて】

少しグレードの高い 銀白IS です。

 

 

 

リフォーム中の現場は、現在畳が無い状態なので、

本日も少し残業。

 

お客様が少しでも平常の生活に戻れるように

出来る限り 急いで仕上げさせて頂きますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。