畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張替え・新畳・琉球畳など、畳の事なら1級畳技能士の畳屋、南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

奈良市にてマンションの畳替え カビの生えにくい和紙の畳です

奈良市にてマンションの畳替え カビの生えにくい和紙の畳です

10月16日

 

先日より取り掛かっている 平群町のお客様の新調畳16畳です。

 


畳表の縫着を全て済ませ、後は畳縁を付けて完成なのですが、

先に聞いていたお仕事があるので、一時中断しております。

作業は順調に進んでおりますので、今しばらくお待ち下さいね。

 

さて、

本日は、その先に聞いていたお仕事に取り掛かっておりました。

 

昨日にお預りしてきた 奈良市のお客様の畳替え6畳

 


今回は 畳にカビが生え その処置の仕方を少し間違ってしまった為、

畳にシミが出来てしまったので 

畳表の張り替えをさせて頂きます。

 

ちなみに、畳にカビが生えてしまった時には

まず部屋の風通し、換気を良くして 畳の表面を乾燥させて 

カビを掃除機などで吸い取るなどの処置をしてから

乾拭き、もしくは

70%の濃度に薄めた無水エタノールなどを染みこませタオルで

カビを拭き取るのが効果的だと思われます。

 

 
お部屋の使用頻度や使い具合などを伺った結果、

今回は天然イ草より 建材畳表での施行の方がふさわしいと思い

和紙の表面を樹脂でコーティングした

ダイケン健やかおもて を選んで頂きました。

 


賃貸マンションなので 畳は今まで何度も張り替えされております。

このまま施工すると古い糸が仕事の邪魔をするので

1度 全ての古い糸を取り除く事にしました。

 


古い糸を切ると 出てきたのは3種類の古い畳縁(今付いているのを含め4種)

つまり

初回を含め 今回で5回目の畳替えとなります。

 


畳床の状態はこの様な感じでした。

 

初回に施工を行った畳屋さんが

新調畳の製作時に 切れない裁断刃を使っているので

畳床の切り口はボコボコに荒れておりました。

 

使い捨ての畳なら良いのでしょうが

切れない裁断刃で無理矢理切落とされた畳床は

ダメージが激しく(特に切り終わりの角の部分) 畳床の一部は欠けて取れ落ちておりました。

 

その後の畳替えでも修繕されて無かったようですが

今回、当店にてキッチリ修繕しましたので 御安心下さいね。

 

 


要らない物を取り去り 畳床はスッキリです。

続いて畳表を縫着して行きます。

 

 
その前に

傷みの激しい畳床の角や 空いていた隙間などはキッチリ修繕しておきます。

畳の張り替えで 一番重要な作業です。

 

隙間だらけだった 切り欠きの部分も寸法調整済み。

コチラの畳は

明日には完成する予定です。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »