奈良県で畳の張り替え・新畳をお考えなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地

吉野郡にて6畳間の裏返しと8畳間の畳張り替え工事です。

吉野郡にて6畳間の裏返しと8畳間の畳張り替え工事です。

4月11日

 

ここ最近のお仕事 その2です。

 

下市町のお客様の6畳間の裏返しと

大淀町のお客様の8畳間の張り替え工事です。

 

まずは、下市町のお客様の6畳間 裏返し工事からご覧下さい。

 

こんがり日焼けしたコチラの畳。 使用年数は推定20年オーバーです。

 

綺麗に日焼けしておりますが、

最近になり畳表の毛羽立ちが服に付き始めたとのこと。

 

20年以上経っている畳となると、

裏返しするには少し遅いかなぁ・・・って年数なのですが(当店の推奨は5年から10年ほどです)

お客様より、今後のお部屋の使い方や使用年数をお伺いして

裏返しでの施工とさせて頂きました。


ちなみに、畳表の裏面がコチラ。

写真では とても青く見えますが、実際はそれ程でもありません。

 


お部屋には二カ所の柱がありました。

この様な切り込みがある場合、本来ならば裏返しは出来ないのですが、

偶然にも2枚の畳の大きさが

ほぼ同じだったので、

畳表を入れ替えることで裏返しが可能となりました。
(どう言う事か伝わりにくくて申し訳ありません)

 


そんでもって、こちらが裏返し後の畳です。

色合いこそ良くありませんが、畳表の表面の毛羽立ちは無くなりましたので、

しばらくの間は、気持ちよく使って頂けるはずです。

 

 

 

続いては、本日にお預りしてきた

大淀町のお客様の8畳間張り替え工事です。

 


今回もこの様な隙間をキッチリ修正してまいります。

 

 

 



使用する畳表はコチラ。

 

今回も熊本県産畳表を選んで頂けました。

 

生産者は森崎和博さん。 品種は涼風。

経糸は綿の二本芯(綿々) 本間サイズの2番草で織られた畳表です。

 

今回お預りしてきた畳は関東間サイズなのですが、

使用する畳表は、本間(関西間)サイズの畳表です。

 

本間(関西間)は関東間よりお部屋の大きさが広いので、

基本的に 本間(関西間)サイズの畳表に使われるイ草は、

関東間サイズのそれより、長くて丈夫な上質な物が使われます。

 

お預りした畳は、関東間なのですが、

あえて関西間サイズの畳表を使う事により

丈夫で美しい畳へと仕上る訳であります。

 

今回の畳は2~3日お預りできるので、

本格的な施工は、明日から。

 

今回もキッチリ仕上げさせて頂きますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »