畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張替え・新畳・琉球畳など、畳の事なら1級畳技能士の畳屋、南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

高市郡高取町にて畳替え、8畳の国産新調畳です

高市郡高取町にて畳替え、8畳の国産新調畳です

12月6日

 

午前中は、下市町のお客様の所へ

畳の張り替え12畳(6畳×2間)をお預りに。

 

コチラの畳は、1週間お預りできるので、

 

本日は、先日に採寸済みの

高取町のお客様より御注文頂いている

8畳間の新調畳の製作に取り掛かります。

 

 
使用する畳表は、コチラの熊本県産畳表

生産者は森崎和博さん  品種は涼風 経糸は綿の二本芯(綿々)

本間サイズの2番草です。

ちなみに

本日お預りした下市町のお客様の

表替え12畳もコチラの畳表を選んで頂いております。

 

 

 

 
製作する畳は、関東間サイズ(関西間より小さい)なので、

両幅で有効幅の2目~3目を切落とします。

 

畳表の両端は穂先と根元が入り交じる

耐久性も色合いも良くない部分(畳表により品質は異なります)なので

この部分を大胆に切落とすことで

ワンランク上の上質な畳表に生まれ変わります。

 

 

 


嫁さまにも畳の掃除を手伝ってもらい

全力で製作中。

 


そして完成です。

 

週明け月曜日の7日は

昨日にお預りしてきた 

下市町のお客様より御注文頂いた

表替え12畳の製作に取り掛かりました。

 

 

 
今回の畳は、藁の畳床。

新築時より30年間(途中で1度張り替えていましたが)ほど使われている畳床なので

そこそこ傷みも出ており

今回も隙間や凹みを修繕しながらの作業となります。

 

 

 

使用した畳表は

昨日に仕上げた 高取町のお客様の新調畳と同様の物。

 

森崎和博さんの 涼風 本間(関西間サイズ)2番草 です。

 

今回の畳も関東間なので 関西間サイズの畳表の両幅をザックリ切落とし

畳表のより良い部分だけを使用しております。

 

 


隙間の部分と 肩下がりになった畳の角は

色々な当て物を使い キッチリ修繕。

正直なところ 新調畳を作るより何倍もの手間が掛かっております。

 

コチラの畳も 週末の納品に備え

只今、全力で製作中です。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »