奈良県で畳の張り替え・新畳をお考えなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地

宇陀市菟田野町にて畳替え 四畳半の張り替え工事です

宇陀市菟田野町にて畳替え 四畳半の張り替え工事です

8月8日

 

本日の納品は、菟田野町のお客様より御注文いただいた

四畳半の張り替え工事です。

 

今回は、業者さまよりの御紹介。

お互いの段取り上、

事前の下見や打ち合わせは、出来ませんでした。

 

ただ、

業者さまより

 

「お客様、高齢なので、なるべく無駄な出費は避けてあげたいので、

できるだけ張り替えでお願いします」

と伺っておりました。

 

 

 

予定通りの時間に現場へ到着。

早速お部屋へ。

そこで見た畳は、隙間だらけで、仕事も雑い。

 

正直なところ、

「これ、張り替えするの・・・」

って感じの畳でした。

 

 

そんな訳で、

張り替え依頼の今回の畳、

 

新調の畳を造る時と同様に

お部屋の寸法を改めて採寸。

 

覚悟を決めて作業に取り掛かります。

 

 


コチラが引上げてきた畳です。

この角度からなら、普通の畳なのですが・・・

 


裁断面のボロボロ具合、

現場でこれを見て、

この畳(この畳を造った畳屋)はアカンなぁ・・・ 

と感じました。


新調時(おそらく新築時)から

この様な畳を平気で納める事が出来る畳屋さん。

ほんと残念です・・・

ここまで裁断面がボロボロの畳は、

寸法調整で

裁断直しをするのも大変なんですよねェ・・・

 

 

 


分かりにくい画像ですが、直角定規を当てているのは、

畳の縁の付いていない 短い辺の部分(框といいます)。

 

畳は、納品時に納めやすいよう

下端になるほど小さくなるように

勾配をつけて芯材を裁断するのですが、

今回の畳は、下端の方が出張っている逆勾配が付いていました。

 

元々、隙間だらけの畳だったので、

この畳でも納まっていたのですが、

普通の寸法で仕上がっていたなら この畳は納まりません。

 

この様な部分も

今回の畳替えを機に、角度を付け直し、キッチリ修正しておきました。

 


隙間だけで無く、全体的に歪みもある畳なので、

直角を出さねばならない所は、直角を出し

隙間が空いている部分は、当て物を当てて寸法調整。

正直、普通の張り替えの倍以上の作業時間が掛かりました。

 

 

 


堀コタツが有るお部屋なので、

納品後に裁断面が見える部分には、

化粧をしておきました。

 

畳として根本的な事は変わりませんが、

汚い裁断面が見えなくなるので、少しは良くなるでしょう。

 

 

 


畳は一晩お預りして、キッチリ完成。

本日納めさせていただきました。

 

ビフォアーの写真は、

引上げ時、寸法調整などでバタついていたので

今回もありません。

 

ああ、見てもらいたかったなぁ・・・。

 

 

 


何度も

「新調で造り替えれば良かった」

と後悔しながらの作業でしたが、

 

出来上がった畳の仕上がり精度と

お客様の喜びに

溜まっていた疲れも一気に吹き飛びました。

 

 

この度の御用命、誠に有り難うございました。

また他のお部屋の畳替えの際にも ぜひお声掛け下さい。

今回は、本当に良い勉強をさせて頂きました。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »