奈良県で畳の張り替え・新畳をお考えなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地

五條市と大淀町にて畳替え 同じ畳縁を使った新畳です

五條市と大淀町にて畳替え 同じ畳縁を使った新畳です

7月11日

 

先日に納品させて頂いた

大淀町のお客様より御注文頂いた新畳6畳

本日に納品させて頂いた

五條市のお客様より御注文頂いた新畳6畳です。

 

どちらのお客様にも 

納めた畳の画像の使用許可を頂けましたので、

納品前と納品後のお部屋の違いをご覧下さい。

 

 

まずは、大淀町のお客様の新畳6畳です。

 

 


使用した畳表は、熊本県産で、生産者は宮永清敏さん。

品種は涼風。 経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)

本間サイズの1番草で織られた畳表です。

 

 


畳床は建材畳床の3層タイプ。畳仕上がり厚が60ミリの

少し厚めの畳床を使っております。

 

 


畳縁は、店主が個人的にも大好きな柄、

【たてわくに縞と梅】を使用。

 

この後に紹介する 五條市のお客様の新畳にも

同じ柄を選んでいただけました。

 

 

 


お部屋には少し大きな柱が有ります。

今回は、柱の周りを

2枚の畳で切り込み加工を施しております。

 

 


こちら、施工前のお部屋です。

 

 


続いて、コチラが入れ替え後のお部屋です。

 

 

 

2枚の切り込み加工もうまく仕上がりました。

 

 




全体的な寸法も いつも通りバッチリ!

バッチリ綺麗に隙間無く仕上がりました。

 

 

 

続いては、

本日に納品させて頂いた

五條市のお客様の新畳6畳です。

 

 

 


選んで頂いた畳表は、熊本県産の畳表。

田島功一朗さんの【蔵表・本間1番草】 経糸は麻と綿糸の二本芯(麻綿W)です。

 

 

 


畳縁ですが、

コチラの畳も【たてわくに縞と梅】。

イイ感じです。

 

 


畳の芯材ですが、6畳の内4枚は先の大淀町のお客様と同じ

建材畳床3層タイプ(畳仕上がり60ミリ)なのですが、

 

2枚は、断熱材を一切使っていない

建材オールボード畳床(軽量畳ボード不使用)で仕上げております。

 


御仏壇前の座椅子を使っている所の畳。

この2枚の畳のヘタリが激しかったので、

今回は、ヘタリの少ない

オールボード畳床での施工をお勧め致しました。

 

もちろん、それだけでは根本的な解決にはならないので、

局所的に負荷が掛かる

座椅子の足を加工するように提案させていただきました。

 

 

それでは、お部屋の仕上がりをご覧下さい。

 

 


まずは、入れ替え前のお部屋から。

 

 


続いて、入れ替え後のお部屋です。

 

 


細い柱の微妙な段差クセもピッタリ仕上がりました。

 


ここも化粧板と畳寄せの継ぎ目で2ミリ程の段差があるのですが、

それを感じさせない位にキッチリ仕上げております。

 

 


コチラのお部屋もバッチリの寸法。

 

 

2件のお部屋共に

熊本県産畳表の爽やかな香りと

上質な畳表の肌触りに

お客様も大満足。

今回も大変喜んで頂き 何よりでした。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

 

 

« »