奈良県の畳屋といえば南たたみ店で決まりです

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

吉野郡大淀町にて8畳間の畳張り替え

吉野郡大淀町にて8畳間の畳張り替え

6月26日

 

先日お預りしてきた 大淀町のお客様の張り替え工事です。

 

今回の畳は、少しの間お預りしても良いお部屋のもの。

お部屋の使い方は、お客様によって様々なので、

今回のように、数日お預りできる畳もあれば

即日仕上げで納めねばならない畳もあります。

 

当店では、お客様のご都合に合わせて

その都度、対応させて頂いておりますので、

施工日数などは、打ち合わせ時にお問い合わせ下さいね。

 

 

さて、畳の製作です。

 

 
選んで頂いた畳表は、安心・安全の熊本県産畳表。

生産者は 田島功一朗さん 【蔵表・本間1番草】です。

畳は、本間(関西間)サイズより 少し小さめの大きさなので、

畳表の有効幅の両端1目ずつ内側を使うようにします。

 

こうすることにより、

より美しく丈夫な畳に仕上げる事が出来ます。

※畳表の両端は、実入りの悪い穂先と色合いの悪い根の部分が入り交じっています。
両端を避け少しでも内側を使う事で、仕上がりの美しさと丈夫さがアップするのです。

 

 

 
畳は、推定35年~40年ほど前の畳で、途中で1度張り替えをしておりました。

御新規のお客様なので、

初回・張り替えは、当店の施工ではありませんでしたが、

どちらも丁寧なお仕事をされておりました。

 

 


ただ、畳床の傷みは、思っていた以上で、

芯材の凹凸、藁の劣化、畳床のヘタリ、などなど

ナカナカの難敵でした。

 

 

 
そんな畳ですが、畳床の補強や寸法の修正など 

丁寧にしながら、何とか畳表の縫着は完了。

 

ちなみに、キッチリ入っているように見えた畳ですが、

お部屋の縦横・両端で 畳表2枚分の隙間(約6ミリ)がありました。

 

 

仕上げは、畳縁の縫着です。

今回は、爽やかな グリーン地に白い桜柄の畳縁を選んで頂けました。

 

 

 
田島さんの【蔵表】 いつもながら良い艶です(ワックスなどは一切使用しておりません)

今回の仕上がりも良い感じ。

明日の午前中には、8畳全て完成予定です。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »