畳が大好き!奈良県の畳屋といえば南たたみ店ですよ

新調畳・畳の張替え・琉球畳など、畳の事なら1級畳製作技能士のお店、南たたみ店にお任せ下さい!  

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

下市町、橿原市、生駒市へ新調畳の納品でした

下市町、橿原市、生駒市へ新調畳の納品でした

2月17日

 

本日は 仕上げていた畳の納品デーでした。

午前中は下市町のお客様の所へ新調畳8畳の納品です。

 


コチラ、入れ替え前の畳。

およそ50年ほど使って頂いている畳です。

 

新調畳を納める前に まずは古い畳を引き上げます。

 


そんでもって古い畳の下に溜まっていたホコリを綺麗に掃除。

タンスやテレビを移動して、新しい畳を敷く準備は完了です。

 


コチラ新しい畳を納め終わったお部屋です。

 


畳表の生産者は 井上民雄さん 品種は ひのみどり
畳床は建材畳床
畳縁は 高田織物の今様Ⅱのナンバー10です。

 



今回もいつも通り、隙間無く綺麗に納品完了。

最後にタンスの場所を移動して プチ模様替えも完了。

ちなみに、同一お部屋内なら家具の場所移動も無料です。

 

続いて、昼からは橿原市と生駒市へ。

 

まずは橿原市へ。 コチラは工務店様の新築物件です。

当店が20年以上お世話になっている工務店様。

いつもお客様の事を考え 国産畳表を指定して頂いている
素晴らしい工務店様です。

 

契約上、詳しいことは書けませんが

今回も上質な国産畳表を指定して頂けました。

モチロン畳の寸法もバッチリ、綺麗に納まりました。

 

続いて生駒市のお客様の所へ

コチラも工務店様より以来のお仕事です。

 

昨日に仕上げた 床の間の薄縁でした。

 


一見、天然イ草のリュウビン表に見えますが

実は和紙の畳表で織られたリュウビン表風の畳表を使っております。

 

天然のイ草は繊維の集合体なので、針で穴が空いてもある程度修復するのですが、

今回使っている和紙の畳表は 工業製品(和紙の表面を樹脂でコーティングしております)

なので、1度針穴が空くと元通りには戻りません。

なので、作業はとても気を遣い大変です。

 


当店の床の間の薄縁は 最近主流の 

【ミシンでゴザを縫い、出来たゴザを現場に持って行き釘で張り止める】

といった簡単な手法でなく、昔ながらの丁寧な手法で仕上げております。

 

今回もいつもと同じように手縫いでチクチク縫ってゆきます。

 





表面に縫い糸は見えず、仕上がった製品は現場で置くだけなので

数年後にゴザを止めている釘やホッチキスが錆びることもありません。

 

お客様にも大変喜んで頂き何よりでした。

またお部屋の畳のほうも どうぞ宜しくお願い致します!

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »