畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張替え・新畳・琉球畳など、畳の事なら1級畳技能士の畳屋、南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

下市町のお客様の表替え8畳をお預りに

下市町のお客様の表替え8畳をお預りに

6月10日。

 

タタチラシ
今年もやっております
『タタ』
畳を替えて、最高30万円!
全国で1名ですが、可能性は0では無いですよ。

 

さて、本日は梅雨の中休み。 いい天気です。
絶好の表替え日和でした。

そんな訳で、
以前からお聞きしていた

下市町のお客様の表替え8畳をお預りに行ってきました。

 

表替え前の畳
畳の隙間
畳の隙間をチェックしてから、畳をお預かりいたします。

 

和室の床の掃除
私が畳をめくりあげて、嫁様がその後を掃除する。
畳替えの際の
当店の定番スタイル。

 

床の間の畳
今回は、床の間の薄縁を追加でご注文頂きました。
こちらの薄縁は、機械を使わずに全て手縫いで仕上げます。

 

この薄縁、
最近ではミシンで縫って、
ホッチキスで止める仕事が主流になって来ていますが、
当店の薄縁は、数年後の仕上がりの美しさを考え、
ミシンを使わず、ホッチキスも使わず施工しております。

みなさまの自宅のお部屋、床の間があれば
一度端の方をよく見て下さい。
錆びたホッチキスが茶色く見えていませんか?

こういった所をみてゆくと
畳屋さんの仕事のレベルが見えてきます。

 

さて、
本日お預かりした畳ですが、

当分の間、当店でお預かりしても大丈夫と言う事であります。

 

また明日から雨が続くようなので、
気持ちが少し楽になりました。

 

ちなみに・・・

畳表
畳表
今回の表替えに使用する畳表ですが・・
安心・安全の熊本県産畳表、
毎度おなじみの
田島功一郎さんの 蔵表 『在来種・いそなみ』 
本間サイズの1番草を使用致します。

 

床の間の薄縁には・・・
赤リュウビン表
赤リュウビン表の大目を使用致します。

リュウビン表と引き目表
普通の畳表と比べると、こんな感じ。

畳の目の幅は約2倍。

こちらの畳表ですが、
基本は観賞用の畳表とされております。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »