奈良県の畳屋といえば南たたみ店で決まりです

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳なら南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

吉野郡大淀町にて6畳間の畳替え 朝預かり夕方納めの即日納品です

吉野郡大淀町にて6畳間の畳替え 朝預かり夕方納めの即日納品です

11月23日

 

新嘗祭の日でもあり、勤労感謝の日でもある本日、

毎日食べられること、お仕事があることに感謝しつつ

本日も畳造りに励んでおりました。

 

本日のお仕事は

少し前に御注文頂いていた

大淀町のお客様の6畳間×2部屋の畳張り替え工事です。

 

「年内なら、いつでもいいよ」

とのお言葉に甘えて、

少しお待ち頂き本日の施工となりました。

 

 



今回、使用する畳表は、熊本県産畳表。

中山誠一さんの【風月・本間1番草】 

品種は涼風、経糸は麻と綿糸の二本芯、通称・麻綿Wです。

 

 

 

 
お預りしてきた畳は、30年以上使用された畳です。

 

 


初期の頃の建材畳床。

今では新畳と言えば、このような畳床が主流となりましたが、

当時は、藁の畳床から建材の畳床への切り替わりの時期、

建材畳床が普及し始めた頃ですね。

 



今回のお部屋は関東間(五八間)サイズの畳でした。

使用する畳表は、関東間(五八間)サイズの畳表より

長くて上質なイ草で織られた関西間(本間)サイズの畳表。

 

有効幅が広く、上質な関西間(本間)サイズの畳表の

両端から2目ほど内側を使用して

美しく丈夫な畳へと仕上げてゆきます。

 

 


今回の畳は、隙間だけで無く

寸法のキツい所もあったので、畳の芯材の余分な所を裁断。

余分なところを切ってあげることで

畳がスッキリと納まるはずです。

 


モリモリで力強い畳表と白梅柄の畳縁。

お昼休憩もキャンセルで仕上げた甲斐もあり

暗くなるまでに畳は完成。 

納品させて頂きました。

 

 


入れ替え前の畳です。

今回もお客様のご厚意により、お部屋に納めた畳の写真を掲載いたします。

30年以上使用した建材畳床でも、

畳の状態さえよければ、十分に張り替え工事できる!

って事をご確認下さい。

 

 

 


入れ替え後の畳です。

 

 


いつもながら良い艶の畳です。


隙間が空いていた所も・・・

 


キッチリ隙間なく仕上りました。

 

 


柱の細かな段差などもキッチリ仕上っております。

 

 

明日も引き続き、お隣のお部屋の畳替え。

コチラもキッチリ仕上げますので

どうぞ宜しくお願いいたします。。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »