畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい !!

奈良県で畳の張り替え・新畳・琉球畳は1級畳製作技能士の畳屋・南たたみ店にお任せ下さい!

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

五條市にてカビの生えにくい和紙の畳16畳の製作

五條市にてカビの生えにくい和紙の畳16畳の製作

3月12日

 

先日より取り掛かっている

五條市のお客様より ご依頼頂いた

和紙の畳表を使った新調畳16畳(8畳×2間)の製作です。

 



使用するのは、カビが生えにくく管理のし易い

和紙の畳表 【ダイケン健やかおもて】 です。

 

和紙と言いましても、機械すき和紙をコヨリ状にした物に

樹脂コーティングを施してから 畳表に織り上げておりますので

正確には 樹脂の畳表となりますね。

 

良くお客様に聞かれる

和紙の畳表と天然のイ草の畳表の違い? なのですが、

 

1番の違いと言えば

和紙の畳は、カビが生えにくい! と言う事ですね。

 

天然のイ草は 呼吸をしているので

イ草の活性が高い新畳(イ草に青みが残っている状態)の時には

空気中の湿気をイ草が溜め込み

それが原因(イ草の栄養・空気中の湿度・外気温度の3要素)となりカビが生えてしまいます。

 

カビは

湿気・温度・栄養の3要素が重なると、大抵の物に生えてきます。

イ草も例外で無く

イ草が青いうち(お部屋の環境にもよりますが、新調時~3・4年目位まで)は

イ草に栄養が有るので、梅雨や台風の時期(気温が高く湿気の多い時期)には、

畳の表面にカビが生えてしまいます。

 

しかし逆を言えば、

3要素のうち、1つでも取り除けば、畳にカビが生える事はありません。

 

例えば

湿気の多い時期には、除湿機やエアコンのドライ機能を使い、湿度を取ってあげる・・・ とか

冷房を効かし 室温を下げる・・・とか

畳が茶色くなる時期まで、小まめに掃除して乗り切るとか・・・

 

初年度から3・4年目位までの イ草に栄養が有り、気温が高く湿気の多いを乗り越えれば

カビが生える事もかなり少なくなり

快適に使用して頂けます。

 

こんな風に イ草・和紙表の違い、双方のメリット・デメリットを

他にも沢山 説明させて頂いた上で

今回の 和紙表を選んで頂けました。

 

 

 

 

 

今回の畳は 少し薄めの1寸4分(約42ミリ)仕上がりです。

 

 

 

 

今回選んで頂いた畳縁

個人的に大好きな 【タテワクに縞と梅】 柄の畳縁で仕上げさせて頂きました。

 

本日、全ての畳が完成しましたので

予定通り 近日中に納品させて頂きますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せ下さい
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »