畳が大好き!奈良県の畳屋といえば南たたみ店ですよ

新調畳・畳の張替え・琉球畳など、畳の事なら1級畳製作技能士のお店、南たたみ店にお任せ下さい!  

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

読売新聞奈良版に掲載して頂きました

読売新聞奈良版に掲載して頂きました

6月1日

 

先日、5月31日の読売新聞の奈良版に当店の事を少し掲載して頂きました。

 

新聞記事
※著作権を侵害しない様、自分が作ったお茵の写真と
当店の事が載っている記事の一部分のみを掲載させて頂いております。
丹生川上神社下社さまと奈良さくらコットンさまの事が書かれた素晴らしい記事です。
興味のある方は、ぜひ読売新聞を購読して下さいね。

 

始まりは、丹生川上神社下社の宮司様よりの

「出来るだけ150年前と同じ御神座を再現したい」

と言う一言でした。

 

本殿(拝殿)の畳の打ち合わせや御神座の打ち合わせなど

お話しする機会を重ねて行くうちに

宮司様の熱い想いが 私の心を打ち

「今の私の出来る限りの力を出し切り 何としても御神座を再現してみよう」

という想いが芽生えました。

 

それからのお仕事は打ち合わせをメインに、畳の製作はできるだけセーブして
(お待ち頂いていたお客様、誠に申し訳ありませんでした)
御神座の材料調達、製作に集中しておりました。

 

その中で

神様がお座りになる お茵(おしとね) という

特殊な畳(神様の座布団のようなもの)があります。

お茵の製作では、祭神を安置する所に木綿を使うのですが、

いざ探してみると 純国産の木綿は殆ど市場に流通していませんでした。
(150年前は、現在主流の外国産の木綿を使う事は無かったと思うので)

 

困っていた時、地元で布団屋さんを営んでいる先輩から

「以前に大和高田市で綿を栽培していたよ」

という情報を教えて頂き  商工会さまを通じて

奈良さくらコットン さまを紹介して頂きました。

 

奈良さくらコットン
大和高田市で栽培が復活した 「大和木綿」

奈良さくらコットン。

有機無農薬栽培で無肥料 手摘みで丁寧に収穫される最上級の木綿。

 

お茵に使う綿として最適な素材でした。



コチラ、5月中頃の苗です。

 

奈良さくらコットンと出会い
おかげ様をもちまして お茵を含め御神座は全て無事完成。

 

御神座は 本来ならば 神様がお座りになる神聖なる物なので、
一般の目にさらすような事は出来ないのですが、

今回、丹生川上神社下社様の計らいにて
お茵の写真のみ
新聞に掲載して頂く事となりました。

 

私が今持っている力を全て注ぎ作り上げたお茵を
多くの方に
知って頂き、見て頂けると言う事は
何とも有り難い事です。

 

今回、お世話になりました丹生川上神社下社の皆様、
奈良さくらコットンを手配して頂き、新聞社様に記事を投稿して頂いた
Mさま、記事を掲載して頂きました読売新聞社様
この度は誠に有難うございました。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

« »