畳が大好き!奈良県で畳を替えるなら南たたみ店にお任せ下さい

奈良県で畳の張替え・新畳・琉球畳など、畳の事なら1級畳技能士の畳屋、南たたみ店にお任せ下さい

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

河合町のお客様の8畳表替え② 本日はお預り

河合町のお客様の8畳表替え② 本日はお預り

9月29日

 

昨日に引き続き、
本日も河合町のお客様の表替えの施工です。

 

昨日の施行で修繕に時間が掛かる事が分っていたので、

本日の畳は一晩お預りする事に致しました。

 

表替え前の畳
畳はこんな感じ。
見た目でも分かるように、粗い仕事です。

 

畳の裏
畳の裏
新調時の糸、1回目の畳替えの糸、そして現在の糸
と計3回分の糸がかかっております。

 

畳の糸
ごちゃごちゃしているので、
いらない糸は全て撤去。

古糸だけでも結構な量です。

 

ここから畳床の修繕です。

畳
畳
まずは凹みの修繕。

畳床の修繕
色々な修繕の仕方があるのですが、
今回はへたっている断熱材の所へ厚紙を挟みました。

 

畳床の修繕
これ位か?

修繕後の畳
まずまずイイ感じに仕上がりました。
現場では分からなかった凹みもチェックです。

畳
畳を引き上げる時には分からなかったのですが、

畳の凹み
結構凹んでました。

 

畳床の修繕
畳床の修繕
これでかなり良い状態に戻ります。

 

続いて畳床の欠けの修繕です。

傷んだ畳

畳床の修繕
欠けてる部分を切り取り

畳床の修繕
新しい畳床を足して

 

畳床の修繕
縫い付けます。

 

この他にも結果的に、ほぼ全ての畳を修繕・・・

畳の使用年数から、

これ等の仕事は
前に施工した畳屋さんがキッチリとした仕事をしていれば、
ほとんどしなくて良い作業です。

 

敷き込んでしまうと
お客様に見えない所にも出来るだけ手間を掛け

使用材料が少しでも長く使えるように

尚且つ

キレイに仕上げるのが畳屋の仕事。

 

これから畳替えをしようと思っている皆様、
畳を替える際には、
じかんを掛けてでも
自分に合った
信頼できる畳屋さんを探してお願いして下さいね。

 

さて、かなり時間が掛かり、すっかり夜になっちゃいましたが、

何とか畳床の修繕と畳表の縫着を完了。

 

少し残業をし、畳縁の縫着です。

畳縁の縫着

畳
畳縁はパッと見、昨日のお部屋の畳縁と同じですが、
微妙に色が違います。

畳
昨日と同じ柄ですが、
昨日は薄紺色、本日は薄緑色の畳縁です。

 

畳は

明日のお昼前には納品できるように頑張りますね。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

 

« »