畳が大好き!奈良県の畳屋と言えば南畳店がイイですよ

新調畳・表替え・琉球畳(縁なし畳)など、畳の事なら何でも1級畳製作技能士のお店、南たたみ店にお任せ下さい。  

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

06月

橿原市のお客様の新調畳14畳 仕上げ

6月30日。

 

昨日に引き続き、本日も新調畳の製作でした。

 

途中、御新規でお問い合わせ頂いた

橿原市のお客様の所へ打ち合わせに行っていた事もあり、

1枚のみ仕上げられず・・・ 残念。

 

ちなみに、

橿原市のお客様には 賃貸物件の新調畳6畳と4畳半のご注文をいただけました❤

 

採寸は7月中頃以降です。

 

この度は 数ある畳店の中から当店を選んで頂き 誠に有難うございました。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

橿原市のお客様の新調畳14畳の製作

6月29日。

 

先日、採寸させて頂いた 橿原市のお客様の新調畳

8畳と6畳の製作です。

 



今回使用する畳表も 国産畳表です。

安心・安全の熊本県産畳表。

生産者は陳野吉修さん。 品種は涼風  経糸は麻綿Wです。

 

 

 


畳表を畳床に縫着。
ちなみに、畳床は建材畳床です。

 

 


折角の生産者さんのハンコですが、チョット畳表が長いのでカット。

 

 

続いて、畳縁の縫着です。

 

 


今回使う畳縁は 紺地に小さな花柄が入ったもの。

 

 

ナカナカに良い艶です。

 

明日には仕上げれるように 頑張ります!

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

生駒市へ10畳半(6畳・4畳半)の畳をお預りに  上牧町のお客様の畳の材料紹介もありますよ

6月27日。

 

朝一番で 雨が降っていなかったら畳を預りに行きます!

と 工務店さんと約束をしていたので、

 

少し早く起き 天気を確認した後、

生駒市へと車を走らせました。

 

 

 


そんでもって、預かってきた畳がコチラ。

茶色の縁の畳 6畳と4畳半です。

 

リフォームが終わるまで1か月ほどお預り。

表替え(畳床はそのまま、ゴザとヘリを新調に交換)をした後、

再び納めさせて頂きますね。

 

 

 

お預り後は、 急いで仕事場まで戻り、

今度は 和歌山県の橋本市へと 

新調畳4畳半を納品に行ってきました。

 


工務店様のお仕事なので、お部屋全体の画像の使用はNG。

畳だけチョコっと撮らせて頂きました。

 

今回も寸法はバッチリ。

麻柄の縁と熊本県産畳表が とてもイイ感じでした。

 

 

お昼からは引き続き 天川村のお客様の新調畳の製作です。

 

 




コチラは、明日には仕上がりそうです。

 

並行して上牧町のお客様のヘリ無し畳の段取りも。



コチラの畳表は、メセキ表と言って

普通の畳表よりゴザの有効幅が広く、目が細かい

どちらかと言えば、ヘリ無し畳専用? に作られている畳表です。

生産者は 碇真一さん。  品種は ひのみどり。

 

 


畳床は今回も建材畳床。 少し厚めの 仕上がり寸法2寸用です。

とりあえず、納期が迫っている畳から仕上げて行きます!

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

宇陀市のお客様の新調畳8畳を納品に

6月26日。

 

朝起きると、意外にも天気が良い・・・

 

今週はずっと雨を覚悟していたのですが、

今日は なんか天気が良いみたい。

 

そんな訳で、

急遽 大宇陀のお客様へ連絡を取り 昨日仕上げた新調畳を納品させて頂く事に。

 

※ 今回もお客様の御厚意により お部屋の写真を掲載の許可を頂けました。

 

 

今回のお部屋にはピアノと大きな箪笥が1つ。

 

でも、ご安心ください。

当店を含め、多くの畳屋さんではこのようなピアノや箪笥なら

簡単に移動する事が出来ちゃいます。

お部屋にピアノや箪笥があるからと言って、

畳替えをあきらめないで!

お近くの畳屋さん、もしくは 当店までお問い合わせくださいね。

 



ついでなんで、箪笥とピアノの裏のホコリも掃除しておきます。

 


楽々(とまでは言いませんが) ピアノも箪笥も元の位置へ。

 

 

 


コチラ入れ替え前の畳。

 

 

 


コチラ、入れ替え後の畳。



今回もイイ感じに納まりました。

 

ちなみに、畳縁の柄ですが

当店では、店主の遊び心で縁の柄を合わせる事がありますが、

お寺の畳に付ける紋縁のような特殊な畳縁を除き、

基本的に 普通の畳では

畳縁の柄を合わせる事はありませんので、ご了承くださいね。

 

 

 

さて、続いては 先日採寸させて頂いた

天川村のお客様の新調畳 6畳と4畳の製作です。



今回の畳に使用する畳表、

生産者は浦川英俊さん  品種は【ひのみどり】 
経糸は綿シングル(関西間サイズ) となっております。

 

今回の畳、6畳のお部屋には堀コタツがあるのですが、

関西間(本間)サイズのお部屋に 関東間(五八)サイズのコタツを入れているので

畳の大きさのバランスが、チョットおかしな事に・・・

 

 

片方が二尺九寸、片方が三尺四寸。 その差 五寸です。

 

施主様の了承を得る事が出来れば、納品後の写真も掲載いたしますが、

仕上がりもチョット不自然な感じになっちゃいます。

施工時の発注ミス・・・なのかなぁ?

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-62-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

宇陀市大宇陀町のお客様の新調畳8畳の製作 完成

6月25日。

 

本日は、先日より 途中で中断していた

大宇陀町のお客様の新調畳8畳の製作でした。

 

 




使用した畳表は 当店で熟成させていた 麻二本芯の畳表

生産者は笹原一好さん  品種は ひのみどり です。

畳床は、今回も建材畳床を使っております。

 

 


ひたすら製作・・・

 

 

 


急いでも キッチリと・・・

 

 


完成です。

 

 


熟成させた畳表なので、青みこそ無いものの

きめ細やかで、落ち着いた上品な畳に仕上りました。

 

 

納品まで晴れ間待ちです。

 

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

橿原市で新調畳の採寸と打ち合わせ のち 上牧町にて新調畳の採寸

6月24日。

 

本日も1日外回りのお仕事。

午前中は橿原市で2件の打ち合わせ。

 

新調畳の採寸8畳・6畳と

古畳の撤去8畳・6畳です。

 

新調畳の採寸は、畳を敷いたまま採寸し
畳が出来上がり次第、古い畳と入れ替えます。

 

古い畳の撤去は、これから壁を塗りかえる為、
左官屋さんよりの希望で古い畳をめくり上げ、床板を掃除しておきました。

畳の採寸は、左官屋さんが終わり次第となります。

 

 


ちなみに 当店が今回撤去した古畳は、契約業者に処分をお願いし

8等分に裁断された後、産業廃棄物として適切に処理されます。

違法投棄などして 後にお客様にご迷惑を掛ける事などありませんので、ご安心くださいね。

 

 

さて、お昼からは北葛城郡上牧町へ新調畳の採寸に。

こちらは6畳間。 

今回は縁付き畳から 半畳ヘリ無し畳へと入れ替えいたします。

 

使用する畳表は 熊本県産のメセキ表。

 

お部屋の雰囲気が一新する事間違いなしです!

納品まで今しばらくお待ちくださいね。

 

 

 

さて、今週末は打ち合わせばかりで 製作が全く進んでおりません。

おかげさまで 作らねばならない畳がイッパイです。

なので・・・

日曜日ですが、明日は仕事場に引きこもり ひたすら製作。

 

ハリキッテ頑張りまーす!!

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

奈良市・六条、天川村で新調畳の採寸のち橿原市へ打ち合わせに

6月23日。

 

本日は一日中 外回りのお仕事でした。

 

午前中は、奈良市・六条へ新調畳6畳の採寸。

今回は奈良県北部の畳屋さんとの相見積もりでした。

 

 

正直なところ、南部の当店はチョット立地的に不利かなぁ・・・

と思っていたのですが、

昨日のお電話で 【当店に決めました】 と嬉しい報告を頂きました❤

 

お客様曰く、

今回 当店を選んだ決め手は コチラの畳表でした。


早川猛さんの涼風1番草。

 

早川猛さんは 

チョット畳表に付いて勉強している畳屋さんなら 誰もが知っている超有名なイ草農家さん。

欲しいと思っても いつでも簡単に入手出来る畳表ではありません。

当店では そんな畳表を 仰天価格で提供させて頂いております。

 

触れて頂くと分かる その品質

【 高いけど安い 】  絶対の自信があります。

予約分を入れて、残り18畳!  残りあと少しです。

気になる方は、お早めにお問い合わせくださいね。

 

 

さて、奈良市での採寸を済ませ

次は天川村へ採寸です。

 

コチラのお客様は、親父様の代からお世話になっているお得意様。

今回は6畳と4畳(6畳のうち4枚)を新調されるので採寸させて頂きました。

今回もバッチリ納めさせて頂きますので、今しばらくお待ちくださいね。

 

 

続いて橿原市へ打ち合わせです。

 

コチラのお客様、

本日のお昼にお電話を頂き 

『急ぎで畳を見てもらいたい』  との事でした。

 

正直な所、予定に入っていなかったお仕事なので

お断りしようと思っていたのですが、

電話の向こうで 困っているような感じだったので

急遽、予定を割いて打ち合わせに行く事にしました。

 

現場に着くと 見知らぬ不動産屋らしき人と 施主様らしきご夫婦が。

ちなみに、電話の主は、この不動産屋さんです。

畳を見ると、部屋の端の方(畳の横に)に何やら板のようなものが詰まっております。

施主様に話を聞くと

『畳全体に隙間(約3ミリ〰1,5㎝ほど)が空いていたので、直してほしいと頼み 
次に来たら へやの端に板が入っていた(しかも、かなり適当な入れ方です)』

との事です。

しかも現場は、賃貸物件では無く 分譲物件、お引っ越し前です。

 

こいつは何とも、ひどい仕事です。

 

それで当店に その隙間を何とかしてもらえないだろうか?

との 相談でした。

ん~、これは難しい・・・(仕事の内容では無く)

考えた末、

畳を張り替えて間もない事だし

前回施工した畳屋さんを呼んで修繕してもらうように と お勧め致しました。

 

施工した畳屋さんと工務店さんの関係がどのようなものかが分からないので

何とも言えませんが、

 

畳屋なら、あるていど隙間ぐらい直してから納めればイイのになぁ・・・

と 思いながら現場を後にしました・・・。

ちなみに、このような相談も もちろん無料です。

 

あ~ 今日の最後は 無駄に疲れたなぁ(笑)

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

宇陀郡大宇陀町のお客様の新調畳8畳の製作

6月22日。

 

午前中は 天理市へ打ち合わせに。

 

以前に古畳を撤去している古民家物件です。

 

本日は、大工さんのご厚意により 施主様との打ち合わせでした。

 

国産畳表と中国産畳表の違いや 

イ草の品質による日焼けの仕方や耐久性 

畳縁や畳床の種類や特性 などなどを

説明させて頂きました。

 

一度納品したらナカナカ交換する事の無い畳です。

次回の採寸までに どのような畳にするのか? ゆっくり決めて下さいね。

 

 

 

さて、本日の製作です。

 

先日採寸させて頂いた 大宇陀町のお客様の新調畳8畳。

 


使用するのは 当店で熟成させていた 笹原一好さんの【城畳表】

経糸は麻W 

お部屋が座敷という事もあり、今回は、ひのみどり種の畳表を使用致しました。

 

 



黄色と紺色のストライプの綿糸、

熊本県産の畳表ですよ~ って証明する 熊本県証糸です。

 


紺色の麻糸、これも熊本県証糸なのです。

 

 


今回も畳床は建材畳床。

 

 


良い畳表は、数年熟成させても スッキリした良い色をしておりますね。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

賃貸物件の表替え6畳×2間 仕上げです

6月21日。

 

 

朝からずっと雨。

今日は仕事場に引きこもり 

昨日お預かりしてきた賃貸物件の表替えを仕上げておりました。

 

 



今回 使用している畳表は 中国産のJAS2等畳表。

 

 

 



畳縁はお任せなので、今回は笹柄の畳縁をチョイス。

 

 


賃貸物件らしからぬ 上品な畳に仕上がっちゃいました(笑)

 

コチラの畳、せっかく早く仕上げたのですが

納品まで まだ少し時間がありそうなので、

しばらくお預りしときます。

 

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。

賃貸物件の表替え6畳×2間です。

6月20日

 

本日は、大工さんより依頼された 賃貸物件の表替えをお預りに。 

6畳間のお部屋、2軒分です。

 

 

 

持ち帰り、さっそく施工に取り掛かりました。

 


まずは解体。

 


畳床を傷つけないように、必要のない古い糸を丁寧に抜いてゆきます。

 

続いて、空いている隙間を埋める為

畳床に当て物をしてあげます。

 

 


今回は1分(約3ミリ)空いていたので

薄い上敷きゴザ2枚を畳床に付け足します。

ほぼ全ての畳を何らかの形で補修いたしますので

表替えって 皆様が思っている以上に 手間と時間が掛かるのです。

 

 

 


その後、畳表を縫着するのですが

今回使用するのは、賃貸物件と言う事もあり 中国産の畳表です。

 

 

 


現在、市場で流通している
天然イ草の畳表の約80%以上が中国産なのです。

(中国産なのにJAS規格って どうなんだろうか・・・?)

 

 

イイ感じ。

 



畳になってしまえば 一般の方には中国産かどうか見分ける事は出来ません。

それ故に畳屋選びには注意が必要なんですよ!

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせ、お待ちしております。