畳が大好き!奈良県の畳屋と言えば南畳店がイイですよ

新調畳・表替え・琉球畳(縁なし畳)など、畳の事なら何でも1級畳製作技能士のお店、南たたみ店にお任せ下さい。  

TEL&FAX 0747-52-9696

 

〒638-0041  奈良県吉野郡下市町下市2345番地 

02月

中国産畳表を使用した新調畳

2月28日。
本日より工務店様より依頼のお仕事
中国産畳表を使った新調畳の製作を開始します。

もちろん工務店様には中国産畳表の使用は伝えております。

ちなみに工事仕事なので、
畳表の仕様はJASの2等との指定があるのですが、
JAS2等では品物が悪すぎるので、
設計士さんにお話しをして、仕様指定を外して頂きました。

余談になりますが、このJASですが、
日本農林規格なのに中国産畳表でも取れるのですよ!
おかしいと思いません?
こんな事をするから、
日本国内に流通する畳表に占める中国産畳表割合が80%以上になるし、
日本の農家さんも苦労をするし、

施工単価がアホみたいに下がるのです。
せめて公共工事くらいはJASでも
国産限定といった設計の仕様に決めてもらいたいものです。

さて、畳表ですが、昨夜のうちに段取りをしておこうと
数日前に問屋さんに配達してもらっていた
畳表を裁断する為、広げていると、
中国産畳表
変なシワや織り癖が悪いなど、いまいち品物が良くありません。
当店には熊本県産畳表の在庫はたくさんあるのですが、
中国産畳表の在庫がないので、

本日、朝から問屋さんへ返品&新しい畳表を探しに行ってきました。

メイシャン畳表
そんでもって仕入れてきたのが、
中国産では最高品質ブランド『メイシャン畳表』です。
チョット予算オーバーですが、仕方ありませんね。
メイシャンの経糸
この経糸の赤と白のストライプが、メイシャンの目印でもあります。
イ草は国産畳表でいうと『ひのみどり』に良く似た細いイ草で、
見た目はとても綺麗です。
畳に仕上がると、中国産畳表と見破るのが非常に難しい畳表です。
故に、悪い事をする業者が非常に多いのですよ!!
『皆様、くれぐれも注意してくださいね』

畳床は建材Ⅱ型を使用します。
メイシャンと建材Ⅱ型

畳
若干、端の方が白いですが、
中国産のJAS2等よりは、はるかに良い畳表です。

こちらの現場は、合計40畳チョット。
3月末まで他の仕事と並行して仕上げて行きます。

そして、夕方からは別の工務店様よりの依頼で
仕上げてお預りしていた
新調畳の配達でした。

新調畳12畳の配達

お部屋の写真は、工務店様よりの許可を得ていないので、
掲載いたしませんが、
今回も隙間も無くバッチリ納まりましたよ♪

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください。
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

西播畳床の新調畳が仕上がりました。

2月27日。
昨夜は早めに帰ったおかげで、
久しぶりに、日が変わるまでに
布団に入る事が出来ました。

ゆっくり休んだおかげで体調不良はかなり良くなりましたので、
本日は西播の仕上げにかかりました。

畳縁の縫着
畳縁の縫着はいつも通りに見えますが、
ワラの畳床ならではの細かな手間がかかっております。

畳の掃除
仕上げは畳の上の掃除をして、きれいに染土を落としておきます。
掃除機ブラッシング掛け、超カタ絞り×2、乾拭き×2 と、
これほど手間をかけて仕上げの掃除をしている畳屋は
なかなかいないと思います。

ちなみに、掃除をしていると、
農家さんがどのような染土を使っているのかが、
大体わかります。
備後染土、淡路染土、ひのみどり専用染土、
など、様々な天然染土がありますが、
農家さんによって
独自の配合があるようなので、
なかなかにオモシロイのですよ。

着色をしているとタオルは緑色に(淡路染土の緑色とは全然違います)
なるので、すぐに分かります。
昔の中国産などは、そりゃ・・・だったんですよ。

新調畳20畳
さて、畳の方は無事20畳仕上がりました。
側面は現場でワラが落ちないように
縁下紙で巻いておきました。
きれいに納まってくれると良いのですが・・・
配達が楽しみです。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください。
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

本日も西播畳床・・・

2月26日。
本日は西播畳床の新調畳の施工でした。

本日は畳縁の縫着なのですが、
10時頃に、昨日の残りのレーズンパンを食べてから、
急に手足が冷たくなり、めまいが襲って来ました。

気分が悪いので、お昼ご飯も食べずに
少し休憩していると、次第に良くなってきたのですが・・

何が原因なのか?
とりあえず、本日は早めに仕事を終えて、
ゆっくり休む事にしました。

自分の代わりは誰もいないですからね。
キッチリ体調管理しないといけませんね。

西播畳床と天理市での打ち合わせ

2月25日。
本日も西播畳床を使用した新調畳の施工でした。

夕方からは、いつもお世話になっている工務店様の
棟梁と一緒に、天理市の現場まで打ち合わせに行ってきました。
現場は飲食店様のリフォームで、
既存の畳は建材畳床で、
今回の工事は張り替えなので、
施工はしやすいものの、

『大きさが変則』、『隙間だらけ』、『柱の切り込み』
と、以外に時間と手間の掛かる仕事になりそうな予感です。

こちらの現場の畳は
3月8日か9日にお預かりの予定です。

帰宅後は、もうひと踏ん張りです。
残業をして
西播畳床に畳表を縫着しておきました。

框を巻いた西播畳床
22時過ぎまでかかりましたが、
何とか畳表の縫着を済ませました。

明日からは畳縁の縫着に取りかかります!

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

 

引き続き西播畳床の施工です。

2月24日。
本日は朝から店の外がソワソワしていました。

しばらくすると、ソワソワの原因さんが店の前にやってきました。

読売テレビの情報番組の企画で
芸人さんの『浅越ゴエ』さんが
向かいの箸屋さんに取材の来たのでした。

話かける機会もあったのですが、
お仕事中なので、大人の対応として静かに見守っていました。
今から思うとサインの一つでももらっておけば良かった・・・
と少し後悔しています。

ちなみに3月下旬のオンエアらしいので、
オンエア後に今日撮った取材の風景の写真をアップしますね。

さて今日は、昨日に続き
西播畳床を使った畳の施工でした。

新調畳6畳
まずは昨夜の続き、
6畳の畳縁の縫着を済ませました。

西播と夕凪

そして、新たに残り14畳の施工開始です。
もちろん先の6畳同様、
西播畳床に中村さんの夕凪1番草の組み合わせです。

ワラの畳床の施工は建材畳床に比べ何倍もの時間が掛かるので、
大変なんですよね。
本日も21時過ぎまでの残業でした♪
明日も頑張ります!!

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

 

橿原市まで配達と12日ぶりの西播畳床。

2月23日。 
お預かりしていた表替えの残りを午前中に仕上げて
お昼から配達に行ってきました。

表替えの隙間

表替え後の畳
表替え前に空いていた隙間や、
畳の段差なども修正し、今回もキレイに納めてきました。

これにて清田主税さんの熊本最高級ブランド畳表『ひのさらさ』
を使用した表替え26畳が完了。

帰宅してからは12日ぶりに西播畳床を使用した
新調畳20畳の施工に取り掛かりました。
まずは、作業途中(畳表の縫着)で中断していた6畳分の畳縁の縫着です。

ちなみに使用している畳表は、
中村正三さんの『夕凪』の一番草です。

畳縁の縫着

畳縁

ワラ床の新調畳

久々に手に持った西播畳床は、重すぎず、軽すぎず、
厚みも均一、キッチリした仕事で作られています。
表替えなどでお持ち帰って来る畳床と比べてもその差は歴然です。

本日は仕上がり具合を見る為に、
一畳だけを仕上げて帰宅。

なかなかイイ感じで仕上がっていました。

来週中には20畳仕上げて配達出来るように頑張ります。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

本日も『ひのさらさ』を使った表替えです。

2月22日。 本日も昨日に引き続き
橿原市にてお預かりしてきた
表替えの施工の続きです。

相変わらず、とても分厚く張りにくい
『ひのさらさ』の麻二本芯と格闘しながらの施工です。

苦労の甲斐もあり、
なんとか明日のお昼には、お預かりした12畳は仕上がりそうです。

明日の午後からは、12畳の配達か、
長らく中断していた、西播ワラ床を使った新調畳の施工に取り掛かります。

今週も残業が続き、少し疲れ気味ですが
当店を選んでいただき、お待ちしていただいているお客様の為にも
明日も休まず、お仕事頑張ります!!

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

引き続き橿原市での畳替え12畳です。

2月21日。 本日は昨日に橿原市でお預かりしてきた
表替え12畳の施工に取り掛かりました。

中国産畳表の畳
昨日お預かりしてきた6畳×2間の内、
ひと間は一度表替えをしておりました。

さて、国産畳表か?はたまた中国産なのか?
畳表を外してみると・・・・・

中国産畳表
はい、中国産畳表でした。
四川のメイシャンブランド畳表ですね。
初めは国産畳表が付いていたはずなのですが・・・
前回の畳屋さんが、表替え時に中国産に付け替えたのでしょうね。

畳に仕上がっていると、なかなか判断しずらいのですが、
古い畳表を外し、経糸を見ると
ある程度は判断できます。

さて、施工の方ですが、
畳の側面
表替え時の畳の縫い糸はいらないので、
はずしておきます。
余分な畳の糸
元の畳の糸は外さず、そのままにしておきます。

後は昨日からと同様に、
畳床の修繕をしながら畳表の縫着をしていきます。

明日には畳表の縫着を終え、
畳縁の縫着に掛かる予定です。

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

橿原市まで『ひのさらさ』の畳替えの配達でした。

2月20日。 本日は先日より取り掛かっている
『ひのさらさ』を使った表替え14畳を仕上げて
配達に行ってきました。

施主様より画像の使用許可を得る事が出来ましたので、
納めたお部屋の感じを見て下さい。

ひのさらさ、の表替え8畳

紅葉柄の畳縁を使った畳

せっかく画像の使用許可を得られたのですが、
6畳の写真を撮るのを忘れてしまいました。

8畳と6畳共に空いていた隙間や、
極端に上がっていた畳の角もフラットに仕上げ直し、
綺麗に納まりました。

施主様に選んでいただいた
紅葉柄の畳縁がとてもイイ感じです。
もちろん熊本最高級ブランド畳表
清田主税(きよた・ちから)さんが育てて織り上げた
『ひのさらさ』も抜群に綺麗でした。

本日は8畳と6畳の14畳を納め、
6畳×2間の12畳をお預かりいたしました。

推定、一畳45㌔位の重さの畳を
26畳分上げ下げしていると、
チョット疲れましたので
本日は残業無しで帰宅いたしました。

明日は本日お預かりした表替えを
引き続き仕上げていきます。

 

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。

『ひのさらさ』に紅葉柄の畳縁

2月19日。  先日よりの続き、
橿原市のお客様の表替えです。

時間はかかりましたが、畳表の縫着を済ませて
本日より畳縁の縫着を開始いたしました。

使用する畳縁はこちら

紅葉柄の畳縁

黒地に色鮮やかな紅葉が浮かぶ畳縁です。
カッコイイ♡

畳縁の縫着は順調に進みました。

畳縁の縫着

『ひのさらさ』と紅葉柄の畳縁

熊本最高級ブランド畳表『ひのさらさ』に
紅葉柄の畳縁が最高にカッコイイですよね♡

早く納めて敷き詰めた感じを見てみたいです。

 

奈良県で畳を頼むなら、南たたみ店にお任せください
南たたみ店 奈良県吉野郡下市町下市2345番地
0747-52-9696
お問い合わせお待ちしております。